日経グッデイ

トピックス

間違いだらけの肌ケアでオトコの肌は黄色信号

働く男性の7割が夏肌トラブルを経験、そのスキンケアは正しい?

 鈴木英子=ニューズフロント

 パナソニックは、働く男性のスキンケアに関する意識・実態調査の結果を発表した。それによると、肌にダメージを与えやすい間違いだらけの洗顔やシェービングをしている人が多いことが分かった。

 調査は、20~40代の有職男性500人を対象に、2016年7月11日~13日にオンラインアンケートを実施した。回答者の7割以上(73%)が夏場の肌トラブルに悩まされた経験があり、具体的には「日焼け」(59%)が最も多かった(図1)。次いで「ニキビ・吹き出物」(22%)、「皮脂」(21%)、「しみ」(20%)が続いた。

図1◎ これまで経験した夏場の肌トラブルは
[画像のクリックで拡大表示]

 スキンケアで大切だと思うポイントを尋ねたところ、「正しい方法で洗顔する」(33%)が1位、「正しい方法でヒゲを剃る」(23%)が2位、「睡眠を十分とる」(17%)が3位となった。

実は間違いだらけ! オトコの顔の洗い方

 しかしふだんの洗顔について尋ねると、4人に3人(75%)が「タオルで包み込むように、優しく顔をふくこと」を実践できていない(図2)。また、「肌質にあった洗顔料を使うこと」「洗顔料をたっぷりと泡立ててから使うこと」に対しても、過半数(それぞれ59%と55%)が実践できていなかった。

図2◎ ふだんの洗顔で、タオルで包み込むように優しく顔をふいていない割合
[画像のクリックで拡大表示]

 ふだんのシェービングに関しては、肌のバリア機能を落とす可能性がある「剃り残しがなくなるまで、何度も刃を当てる」(61%)や、肌の乾燥を招く「シェービング後に化粧水や乳液等を使わない」(57%)といった間違いが目立つ(図3)。

図3◎ ふだんのシェービングで、剃り残しがなくなるまで何度も刃を当てている割合
[画像のクリックで拡大表示]

浴室に置きっぱなしのシェーバーは肌トラブルの原因に

図4◎ 自分の顔の感触がつるつるだと思うか
[画像のクリックで拡大表示]

 また、45%が「浴室でヒゲを剃っている」と回答したが、恵比寿美容クリニックの堀江義明院長によると、雑菌が多い浴室で特に防菌加工をしていないシェーバーを保管するとシェーバーの刃にも雑菌が増え、ヒゲ剃りで切り傷になったところから菌が入る恐れがあるため、浴室で剃らないことを心がけた方がよいという。

 自分の顔の感触がつるつるだと思う人は4割未満(39%)にとどまり、自分の肌の「つるつる度」を100点満点で自己採点してもらったころ、全体の平均は「52.9点」だった(図4)。特に自己評価が低い回答者からは「カサつきとゴワゴワが気になる」「つるつるというより、皮脂でぬるぬるだから」といった悩みが聞かれた。

関連記事