日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 間違いだらけの肌ケアでオトコの肌は黄色信号  > 2ページ
印刷

トピックス

間違いだらけの肌ケアでオトコの肌は黄色信号

働く男性の7割が夏肌トラブルを経験、そのスキンケアは正しい?

 鈴木英子=ニューズフロント

 ふだんのシェービングに関しては、肌のバリア機能を落とす可能性がある「剃り残しがなくなるまで、何度も刃を当てる」(61%)や、肌の乾燥を招く「シェービング後に化粧水や乳液等を使わない」(57%)といった間違いが目立つ(図3)。

図3◎ ふだんのシェービングで、剃り残しがなくなるまで何度も刃を当てている割合
[画像のクリックで拡大表示]

浴室に置きっぱなしのシェーバーは肌トラブルの原因に

図4◎ 自分の顔の感触がつるつるだと思うか
[画像のクリックで拡大表示]

 また、45%が「浴室でヒゲを剃っている」と回答したが、恵比寿美容クリニックの堀江義明院長によると、雑菌が多い浴室で特に防菌加工をしていないシェーバーを保管するとシェーバーの刃にも雑菌が増え、ヒゲ剃りで切り傷になったところから菌が入る恐れがあるため、浴室で剃らないことを心がけた方がよいという。

 自分の顔の感触がつるつるだと思う人は4割未満(39%)にとどまり、自分の肌の「つるつる度」を100点満点で自己採点してもらったころ、全体の平均は「52.9点」だった(図4)。特に自己評価が低い回答者からは「カサつきとゴワゴワが気になる」「つるつるというより、皮脂でぬるぬるだから」といった悩みが聞かれた。

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.