日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 間違いだらけの肌ケアでオトコの肌は黄色信号  > 2ページ目
印刷

トピックス

間違いだらけの肌ケアでオトコの肌は黄色信号

働く男性の7割が夏肌トラブルを経験、そのスキンケアは正しい?

 鈴木英子=ニューズフロント

 ふだんのシェービングに関しては、肌のバリア機能を落とす可能性がある「剃り残しがなくなるまで、何度も刃を当てる」(61%)や、肌の乾燥を招く「シェービング後に化粧水や乳液等を使わない」(57%)といった間違いが目立つ(図3)。

図3◎ ふだんのシェービングで、剃り残しがなくなるまで何度も刃を当てている割合
図3◎ ふだんのシェービングで、剃り残しがなくなるまで何度も刃を当てている割合
[画像のクリックで拡大表示]

浴室に置きっぱなしのシェーバーは肌トラブルの原因に

図4◎ 自分の顔の感触がつるつるだと思うか
図4◎ 自分の顔の感触がつるつるだと思うか
[画像のクリックで拡大表示]

 また、45%が「浴室でヒゲを剃っている」と回答したが、恵比寿美容クリニックの堀江義明院長によると、雑菌が多い浴室で特に防菌加工をしていないシェーバーを保管するとシェーバーの刃にも雑菌が増え、ヒゲ剃りで切り傷になったところから菌が入る恐れがあるため、浴室で剃らないことを心がけた方がよいという。

 自分の顔の感触がつるつるだと思う人は4割未満(39%)にとどまり、自分の肌の「つるつる度」を100点満点で自己採点してもらったころ、全体の平均は「52.9点」だった(図4)。特に自己評価が低い回答者からは「カサつきとゴワゴワが気になる」「つるつるというより、皮脂でぬるぬるだから」といった悩みが聞かれた。

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.