日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナは子どもも要注意 集団感染が増加
印刷

トピックス

新型コロナは子どもも要注意 集団感染が増加

欧米では川崎病に似た症状を示すケースも

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 新型コロナウイルス感染者の再増加とともに、わが国でも、幼児や小・中学生、高校生の感染者の報告が増えています。島根県の高校では、同じ部活動に所属する生徒や寮生活を送る生徒を中心に90人を超える集団感染が発生しました。

 これまで、子どもはこのウイルスに感染しにくい、子どもから大人への感染は起こりにくいという見方が主流を占めていましたが、どうやら再考が必要のようです。最近海外で報告された子どもの集団感染事例や、川崎病(詳しくは後述)に似た症状を示した小児患者の報告を、以下にご紹介します。

日本でも海外でも、子どもの新型コロナウイルス感染事例が増えています。(C) Oksana Kuzmina-123RF

米国ではサマーキャンプで子どもや若者が集団感染

 米国では6月に、サマーキャンプに参加した児童や10代の若者の間で新型コロナウイルスの集団感染が発生しました。米疾病管理予防センター(CDC)の週報(*1)によると、6月半ばにジョージア州で行われたキャンプに参加した、6~19歳のキャンパー501人と、14~59歳のスタッフ123人、計624人のうち、半数近くが新型コロナウイルスに感染しました。

 キャンプに先駆けて、スタッフを含む参加者全員が、新型コロナウイルスの検査結果が陰性であることを示す証明書の提出を求められていました。また、CDCが示したサマーキャンプのためのアドバイスに従って、宿泊者は1つのキャビンに26人までとし、共同作業は時間をずらして行い、フィジカルディスタンシング(適切な身体的距離をとること)を実施し、共用する場所や物品の清掃と消毒を高い頻度で実施しました。

 一方で、スタッフは布マスクを着用していたものの、キャンパーの布マスク着用や、窓やドアを開け放っての屋内換気などは行われませんでした。参加者は、屋内、屋外でさまざまな活動を行い、毎日元気いっぱいに歌ったり、声援を送ったりしました。

参加者の感染率は少なくとも44%に上る

 6月23日、10代のスタッフ1人が、前の晩から寒気を感じたとして離脱し、6月24日に検査を受けて新型コロナウイルス陽性が判明しました。これを受けて主催者はキャンプを中止し、ジョージア州の公衆衛生局は、キャンプに参加した人全員に検査を受け、結果が出るまで自宅にとどまるよう指示しました。

 キャンプ参加者のうち、ジョージア州在住だった計597人を対象に行った調査によると、キャンパーの年齢の中央値は12歳で、53%が女性、スタッフの年齢の中央値は17歳で、59%が女性でした。597人中344人(58%)の検査結果が同州に報告され、うち260人(76%)が陽性でした。結果が報告されなかった人が全て陰性だったと仮定しても、597人における陽性率は44%と推定されました。年齢別の陽性率は、6~10歳が51%、11~17歳が44%、18~21歳が33%、22~59歳は29%でした。

 陽性率はキャンプで過ごした時間が長いほど、同じキャビンに宿泊した人数が多いほど、高くなっていました

 症状に関する情報が得られた136人のうち、36人(26%)は無症状でしたが、100人(74%)は何らかの症状を経験していました。訴えが多かったのは発熱(65%)で、続いて頭痛(61%)、喉の痛み(46%)でした。

 この事例は、新型コロナウイルスの感染が小児や若者の間で容易に広がること、また、どの年齢の小児も感染する可能性を持っていることを示しています。今回行われた感染予防策は、キャンプという環境では十分というにはほど遠かったようです。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.