日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 妊娠中にとる食物繊維が重要! 少ないと赤ちゃんが肥満になりやすい?  > 3ページ目
印刷

トピックス

妊娠中にとる食物繊維が重要! 少ないと赤ちゃんが肥満になりやすい?

妊娠中は食物繊維の摂取を意識して増やすのがいい

 堀田恵美=ライター

母親のいい腸内細菌を胎児の腸がまねる?!

 一方、子どもの成長と腸内細菌の関係に詳しい、東京女子医科大学小児科学講座の永田智教授は、もう一つの可能性についても指摘する。「高食物繊維食を食べた母親の腸で増えた“太りにくい腸内細菌”を、胎児がお腹の中で直接受け継いだことで、子どもの腸で太りにくい腸内細菌叢が形成された可能性もある」(永田教授)

 永田教授によると、母親の腸内細菌叢の情報が子どもに受け渡される可能性について研究報告があるという。母親の腸内細菌叢をもとにして「こういう腸内細菌を作っておくとよさそうだよ」と、子どもの腸に定着させる菌を選別する設計図のような情報が受け渡されているという考え方だ。つまり、母親が高食物繊維食を食べることで出来上がった太りにくい腸内細菌叢を、生まれてきた子どもが受け継ぐ可能性があるのだという。

日本人は万年食物繊維不足?! 国の定めた目標量では足りないかも

 近年、医学界では、「発達過程(胎児期や生後早期)の低栄養をはじめとした様々な環境により、将来の健康と疾病のリスクが決定する」という「胎生期プログラミング説(DOHaD説)」が注目されている。今回の母親の摂取する食物繊維量と生後の子の肥満リスクとの関係の研究も、このDOHaD説を新たに示唆するものといえるだろう。

 では、とるべき食物繊維量はどのくらいなのだろう。米国やカナダでは、健康や死亡率との関連調査をもとに算出した食物繊維の摂取目標量は「成人で1日当たり24g以上、できれば14g/1000kcal以上」とされているが、この春、改定された『日本人の食事摂取基準(2020年版)』での食物繊維の摂取目標量は、成人男性で21g以上、成人女性で18g以上と大きくかけ離れている。これは、日本人の場合、平均的な食物繊維摂取量がこの数字と大きくかけ離れていることから、理想的摂取量と平均的な摂取量の中間値を参照した上で制定されたという背景がある。つまり、食事摂取基準で定められた目標量をとっても、まだまだ足りていない可能性もあるということだ。

 自身の健康はもちろん、生まれてくる子どもが健やかに育つためにも、妊娠中は日ごろの食事からの食物繊維の摂取を意識して増やすとよさそうだ。

(構成:黒住紗織[日経BP総合研究所上席研究員 ヘルシー・マザリング・プロジェクト]/イラスト:もり谷ゆみ/グラフ作成:増田真一)

関連記事
木村郁夫(きむら いくお)さん 東京農工大学大学院農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 教授
木村郁夫(きむら いくお)さん 京都大学大学院薬学研究科博士課程修了。米カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員、京都大学大学院薬学研究科助教などを経て、2019年より現職。全身にある短鎖脂肪酸やケトン体、脂質の受容体の探索と、受容体を介した生理機能の解析などが専門。
永田智(ながた さとる)さん 東京女子医科大学小児科学講座 教授・講座主任 小児総合医療センター長
永田智(ながた さとる)さん 順天堂大学医学部卒業。英国クイーンエリザベス小児病院研究員。ロンドン大学大学院博士課程修了。順天堂大学医学部小児科講師、同大大学院プロバイオティクス研究講座専任准教授などを経て、2013年より現職。専門は消化器・呼吸器・膠原病・アレルギーなど多岐にわたる。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.