日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 女子200m平泳ぎ・金藤理絵選手の金メダルを可能にした食事  > 3ページ目
印刷

トピックス

女子200m平泳ぎ・金藤理絵選手の金メダルを可能にした食事

世界を制した見事な筋肉はどんな食事で作られたのか!?

 近藤鈴佳=フリーライター

高速水着時代の終焉とヘルニアの発症
一時は引退を考えたことも

 金藤選手は2008年に北京五輪に出場し、200mで7位入賞を果たした。2009年には、イギリスのSPEEDO社が開発した競泳用水着「レーザー・レーサー」をはじめ、高速水着を着用した選手が続々と世界記録を連発する中、金藤選手も3度にわたり日本新記録をたたき出し、さらに期待を担う存在になった。

 しかし、ラバー素材が禁止されたり、身体を覆う水着の面積に規定ができ、高速水着の時代が終焉するとともに、金藤選手はヘルニアを発症。競技生活が暗転してしまった。2010年、2011年はトレーニングを制御しなければならず、カロリー総摂取量はサプリメントなどを入れても3000 kcalに届かない程度に減少。過酷なレースに耐え抜くことができないような状態だった。

 「故障を抱えながら挑んだ2012年のロンドン五輪代表を逃した後は、現役続行を決めたものの、その後何度も引退が頭をよぎったと聞いています」(酒井准教授)

 だが2013年以降、トレーニングボリュームが上がると同時に食事量も増え、2015年には総摂取量3741kcal、たんぱく質量133gと理想的な状態に。

 「そうして挑んだ『世界水泳 ロシア・カザン2015』の結果は6着でしたが、『これで最後にしたくない』とリオへの残り1枠にかける執着心がようやく芽生えたのでしょう。それまでは1対1のメールでのやり取りはあまりなかったのですが、2015年10月頃から金藤選手から頻繁に食事報告のメールが私のもとへ届くようになり、やりとりが始まりました」(酒井准教授)

世界各国どこででも自分の体の状態をキープできる食行動のマネジメント

[画像のクリックで拡大表示]
 

 日本各地、世界各国を転々と遠征する金藤選手から、毎日の食事の記録がメールで届く。それに対して酒井准教授は「朝食のご飯の量が少ないから、もう少し食べられそうなら食べた方がいい」などとアドバイスした。

 「アドバイスの内容は主に主食と果物が中心。主食すなわちエネルギーの確保は、食事でしかできないからです。一方、ビタミン、ミネラル、たんぱく質はサプリメントで補うことができ、特に海外遠征先ではどんな食事が出るか分からないため、どんな環境でどんな食事になっても最低限の栄養素が補充できるよう6タイプのサプリメントセットを用意しました。そして、トレーニング強度が高い日には損傷した筋肉の回復に必要なコラーゲンやプロテインが多めのセット、高地トレーニングの日にはビタミンやミネラルを多めにしたセットというように、その日のトレーニングメニューによってどのセットを摂ればいいかをアドバイスしたんです」(酒井准教授)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.