日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 女子200m平泳ぎ・金藤理絵選手の金メダルを可能にした食事
印刷

トピックス

女子200m平泳ぎ・金藤理絵選手の金メダルを可能にした食事

世界を制した見事な筋肉はどんな食事で作られたのか!?

 近藤鈴佳=フリーライター

競泳日本代表主将、今季世界ランキング1位の金藤理絵選手が、女子200m平泳ぎで悲願の金メダルを獲得した! 今年2月に7年ぶりに自身の日本記録を更新した後、リオデジャネイロ五輪代表を決める第92回日本選手権水泳競技大会でも、日本人女性では初の2分19秒台を記録し、更に自らの記録を更新。素晴らしい記録と今回のメダル獲得をもたらした力強い泳ぎの裏には、コーチによる指導とともに、食事によるサポートがあった。2007年の金藤選手の東海大学入学時から食事サポートに取り組んできた城西国際大学薬学部准教授・酒井健介さんに話を伺った。

「オリンピックに出るために食事のサポートをしてほしい」
多くのブレストストローカーを育てる監督からのオファー

◆金藤選手の背中!この見事な筋肉はどんな食事で作られたのか!?
[画像のクリックで拡大表示]

 城西国際大学薬学部の酒井健介准教授が金藤(かねとう)理絵選手と出会ったのは2007年。酒井准教授は、それより前の2002年12月、東海大学水泳部の加藤健志監督から、「2004年のアテネオリンピックにどうしても選手を派遣したい。選考会に向けた約70週間のトレーニングメニューは出来上がっているが、そこに足りないのは食事と栄養の知識。そこをなんとか支援してほしい」とオファーがあったのをきっかけに、同水泳部への食事・栄養支援を開始していた。そこへ金藤選手が入学してきたのだ。

 その頃にはすでにアテネ五輪代表の今村元気選手や、世界選手権モントリオール大会に出場した田村菜々香選手など多くの優秀な平泳ぎ選手(ブレストストローカー)がいた。そんな選手を育ててきた東海大学への酒井准教授の食事支援は、徹底した食事管理というよりも、選手のフィジカルフィットネスレベルを上げることやパフォーマンスレベルを上げるためにどういう食事が大切かということを選手自身が意識し、行動に変えていくための支援に重点が置かれていた。

 具体的には、セミナー形式による栄養指導や、高地などの特異環境や合宿時の食事の摂り方に関するアドバイスのほか、食事やトレーニングがパフォーマンスにどう影響しているかを見るため、体組成の測定や呼気ガス分析による最大酸素摂取量(持久的運動能力の指標)の測定、乳酸(筋持久力の指標)測定のサポートを行うこともあった。

 「望ましい食事が摂れ、トレーニングに集中できていれば、これらの数値は自ずと向上していくもの。単に1日の食事の良い悪いではなく、継続的な食習慣の定着を目指しました」(酒井准教授)。

[画像のクリックで拡大表示]

 酒井准教授はチームと常に行動を共にしているわけではないので、プールサイドに食事や栄養、サプリメントに関する情報を定期的に貼り付けるなどして、日常から選手の目に留まるような工夫もした。また、地方で初めて宿泊する施設の場合は、ホテルの食事管理者と電話やメール、ファクスなどでやりとりを行い、選手にとって望ましい食事が提供できるよう努めた。

 具体的に、大会期間中の食事の栄養バランスは次のように設定してきたという。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.