日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 熱中症防ぐなら、発汗時は綿よりポリエステルの服を
印刷

トピックス

熱中症防ぐなら、発汗時は綿よりポリエステルの服を

熱中症を衣服の工夫で防ぐコツ(前編)

 塚越小枝子=フリーライター

連日の猛暑で、熱中症になる人が後を絶たない。過酷な暑さの中でも、身につける衣服の工夫によって熱中症になるリスクを下げ、少しでも快適に過ごすことはできるのだろうか。衣服と環境、皮膚血流や発汗の関係などについて詳しい神戸女子大学教授・平田耕造さんに聞いたところ、「発汗時には、綿よりポリエステルの服のほうが熱が放散されやすい」「肌着は体に密着したポリエステル製がいい」「体幹部の上下に開口部をつくるのがカギ」といった興味深い話が飛び出した。平田さんの話を2回にわたって紹介する。

体幹部は上下に開口部を作るのがコツ。シャツを出すのが難しい場合は、襟元を開けるだけでもOK。写真はイメージ=(c)Sergey Nivens-123rf

いかに体の熱を効率的に放散できるかがカギ!

 通常、人間は体内の温度が必要以上に上がると皮膚血流が増え、汗をかいて、それが蒸発するときの気化熱によって熱を外に逃がして体温を下げる。ところが、この体温の上昇と調節のバランスが崩れると、逃がせない熱が体内にたまって熱中症になってしまう。

 熱中症の発症には環境や行動などの様々な要因が絡むが、その一つとして、かいた汗が十分に蒸発できない状態になると皮膚から逃げる熱が少なくなり、体内にこもりやすくなることがある。平田さんは、「体温は脳の中枢がコントロールしているため、熱中症を防ぐためには、栄養や睡眠など日ごろの健康的な生活習慣も大切」と前置きしたうえで、衣服については次の3つが柱となると話す。

  • (1)熱の放散を促進する
  • (2)体の中に入る熱をできるだけ遮る
  • (3)圧迫により体液循環(血液循環・発汗量)をコントロールする

 前編では「(1)熱の放散を促進する」衣服の工夫をお伝えしよう。

熱を効率的に放散させる5つのコツ

1 手・腕・足・脚を露出する
手や腕、脚、足先を露出することで効率的に熱が放散される。写真はイメージ=(c)maridav-123RF

 手・腕や足の末端部は、体幹に比べて体積に対する表面積の比率が大きいため、構造上、広い面積から熱が逃げやすい。また、手足の末端には「動静脈吻合(Arteriovenous Anastomoses、以下AVA)」(図1)と呼ばれる、体温調節に機能を特化した特別な血管がある(AVA血管の詳細は、「手足の冷えのカギ握る『AVA血管』、調節のコツは?」を参照ください)。

 「AVAは体の隅々まで熱を運ぶために、手足の末端に多く存在しています。寒いときは体幹を冷えから守るため収縮して末梢への血流を減らしますが、暑いときは拡張して手足の血流を増やすことで多量の熱を環境へ放散します」(平田さん)

心臓から送り出された血流は、動脈の太い血管から末梢の毛細血管まで及び、静脈を通って心臓に戻っていくが、毛細血管に枝分かれする前の動脈と、静脈とを直接つなぐやや太い血管がAVAだ。AVAは体温調節が仕事で、拡張して体内から、熱が逃げやすい末端部分へ熱を運ぶことができるように、末端に多く存在する。ただし、寒さが強くなると、AVAは収縮して末梢への血流を減らし、そこから熱が逃げるのを防ぐ。脳や心臓など生命維持に必要な体の中心部の温度を保つことを優先するためだ(平田さんの資料を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.