日経グッデイ

トピックス

海でクラゲに刺されると納豆アレルギーに!?

海や山のレジャーがきっかけになる「遅発性アナフィラキシー」の怖さ【その2】

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 前回(「屋外でマダニに刺されると牛肉アレルギーに!?」)は牛肉やマダニが引き起こす遅発性アナフィラキシーの怖さについて解説しました。実は、同じようなアナフィラキシーが、納豆とクラゲによっても引き起こされます。

納豆アレルギーはアナフィラキシーを起こしやすい

 納豆は健康に良い食べ物で、発酵過程を経ているために大豆よりアレルギーが起こりにくいと思われていました。しかし近年、納豆アレルギーの患者が見つかっており、患者の免疫系は納豆のネバネバに含まれるポリガンマグルタミン酸(PGA)に反応することがわかっています。納豆アレルギーはアナフィラキシーを起こしやすく、アナフィラキシー・ショックになる危険性もあります。

 PGAは腸内での消化に時間がかかるため、症状が現れるまでに約半日かかると考えられています。納豆アレルギーの男性患者7人を対象とした調査では、蕁麻疹、呼吸困難、意識喪失、嘔吐、下痢といった症状が、納豆を食べてから5~14時間後(平均は9.6時間)に現れていました。

クラゲに刺されると納豆アレルギーのリスクが高まる

 興味深いことに、納豆アレルギーを発症した患者の多くは、クラゲに刺された経験を持っていました。クラゲはPGAを産生し、これを利用して毒針を発射します。つまり、クラゲに刺されるたびに、PGAが体内に入ると考えられます。

 PGAは「天然成分だから安全で無害」と考えられており、食品添加物として、飲料、プリン、カップ麺、人工甘味料、ダイエット食品などに用いられています。化粧品や石鹸、ヘアケア用品には保湿剤として添加されており、医薬品製造にも使用されています。成分表示には、ポリグルタミン酸または(γ-)PGAと表記されることが多いようです。

 すでに納豆アレルギーであることがわかっている人は、海でクラゲにさされないよう、また、PGAを含む製品を避けるようにする必要があります。塩蔵クラゲを使った料理(春雨やキュウリとの和え物、中華風なます、冷やし中華、棒々鶏などに入っている可能性があります)も避けてください。また、PGAを含む製品を食べたり使ったりしているうちに、納豆アレルギーになる人もいると考えられています。

(©reika7-123rf)
(©vilainecrevette-123rf)
海と納豆が好きな人は特にクラゲにご注意を!

食後の体調不良は食中毒だけでなくアレルギーも疑って

 遅発性アナフィラキシーでは、原因となる食物を夕食に食べた場合、深夜、または朝方、おそらくは就寝中に症状が現れることになります。呼吸が苦しい、嘔吐や咳が続く、唇が紫色、などの症状が生じたら、速やかに救急車を呼ばねばなりません。

 原因となる食物の摂取と症状発現の間に時間があいているため、初回の受診で原因が明らかになる可能性は低いでしょう。しかし、上述したような複雑な過程を経て発症する遅発性アナフィラキシーの存在を知っていれば、食物アレルギーを疑うことができます。

 食事の直後から半日後までに、蕁麻疹や腹痛から呼吸困難までの幅広い症状が現れたら、食中毒だけでなく食物アレルギーも疑ってみてください。

 まだまだ、知られていない食物アレルギーはたくさんあるはずです。食物アレルギーに対する効果が明らかな治療法は、現在のところありませんが、その食物を二度と食べなければ、同様の苦しい思いはせずに済みます。子どもと違って「好き嫌いを言わないの!」とか「栄養があるから無理にでも食べなさい!」と言われずに済むのが大人の特権です。

 あなたのその体調不良、食物アレルギーかもしれませんよ。

■参考文献
1 海老澤元宏編『症例を通して学ぶ年代別食物アレルギーのすべて』南山堂 2013年
2 猪又直子(横浜市立大学大学院環境免疫病態皮膚科学准教授);第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会 シンポジウム「湘南サーファーを悩ます納豆アレルギー」2014年10月25、26日
3 Inomata N, et al. Late-onset Anaphylaxis after Ingestion of Bacillus Subtilis-fermented Soybeans (Natto): Clinical Review of 7 Patients. Allergol. Int. 2007;56(3):257-261.