日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 屋外でマダニに刺されると牛肉アレルギーに!?  > 2ページ
印刷

トピックス

屋外でマダニに刺されると牛肉アレルギーに!?

海や山のレジャーがきっかけになる「遅発性アナフィラキシー」の怖さ【その1】

 大西淳子=医学ジャーナリスト

牛肉を食べて3時間以上たってから蕁麻疹やショック症状

 島根大学が、牛肉アレルギー患者25人を対象に行った調査によると、牛肉を食べてからアレルギー症状が現れるまでに3時間以上かかった患者が65%、5時間以上かかった患者が24%もいました。ほとんどの患者が蕁麻疹を経験し、6人はアナフィラキシー・ショックを発症、1人は呼吸困難を訴えました。腹痛や下痢といった消化器症状も認められました。

 牛肉を食べてから3時間以上経って蕁麻疹やアナフィラキシーが現れた理由は、α-galと呼ばれる「糖鎖」(いくつかの糖が鎖のようにつながったもの。数個つながったものがオリゴ糖)にありました。α-galは、牛肉のみならず、哺乳類の肉の多くに含まれていますが、鶏肉や魚には見つかりません。ただし、子持ちカレイ(特に卵)にはα-galが存在します。そのため、上記の25人中19人が、子持ちカレイにも反応していました。食べたあとには全員に蕁麻疹が発生、7人はアナフィラキシー・ショック、2人が呼吸困難になりました。吐き気、下痢や手のしびれといった症状も報告されています。

牛肉アレルギーの原因の一つはなんとマダニ!

 なぜα-galが遅発性のアナフィラキシーを引き起こすのかは解明されていませんが、近年、α-galに対するアレルギーは、山や林の中に生息するマダニに咬まれることによっても成立することが分かってきました。

 マダニは消化管にα-galを持っているため、マダニに何度も咬まれるうちに体の中にα-galが入り、牛肉や子持ちカレイなどに対してアレルギー反応を示すようになるというのです。マダニは日本中に生息しています。草むらや森に入る時には、長袖、長ズボン、手袋、長靴を身につける、等の対策を怠らないようにしてください。

 なお、ごく一部ではありますが、医師が処方する薬剤や、ゼラチンを含むワクチンにもα-galが含まれています。獣肉アレルギーかも、と思ったら、受診の際に医師に伝えてください。

(©monphoto-123rf)
(©Marco Uliana-123rf)
マダニに刺されるうちに牛肉アレルギーになってしまうかも…。マダニはさまざまな感染症も引き起こすので要注意。

 次回(2015年8月11日公開予定)は「納豆」と「クラゲ」という意外な組み合わせで起こる遅発性アナフィラキシーをご紹介します。

■参考文献
1 海老澤元宏編『症例を通して学ぶ年代別食物アレルギーのすべて』南山堂 2013年
2 千貫祐子(島根大学皮膚科講師);第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 シンポジウム「牛肉アレルギーの意外な実態」 2013年11月29日~12月1日
3 van Nunen S. Tick-induced allergies: mammalian meat allergy, tick anaphylaxis and their significance. Asia Pac Allergy. 2015 Jan; 5(1): 3-16. Published online 2015 Jan 28. doi: 10.5415/apallergy.2015.5.1.3 PMCID: PMC4313755
4 Mullins RJ, et al. Relationship between red meat allergy and sensitization to gelatin and galactose-α-1,3-galactose. J Allergy Clin Immunol. 2012 May;129(5):1334-1342. e1. doi: 10.1016/j.jaci.2012.02.038. Epub 2012 Apr 3.

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.