日経グッデイ

トピックス

大阪では定番? 4人に1人が1日1食は“主食の重ね食べ”

大阪府「太めの人、主食の重ね食べにご用心!」

 鈴木英子=ニューズフロント

 大阪府の健康医療部は、大阪府民の食への意識と行動を中心とした「大阪版健康・栄養調査」の結果(速報)を公表した。大阪を中心に広がっている「お好み焼き+ごはん」のほか、「うどん+かやくごはん」「ラーメン+チャーハン」「パスタ+パン」のように主食を2種類同時に食べる“主食の重ね食べ”について調べると、男女とも4人に1人以上が1日1回、主食の重ね食べをしていることがわかった。

高齢ほど主食の重ね食べ率は高い

 調査は、大阪府内1564世帯を対象に2015年11月~12月に実施し、18歳以上の男女1858人から得た回答を集計した(図1)。それによると、男性の6割以上(61.5%)、女性の約半数(47.1%)が週1食以上、主食の重ね食べをしていた。また男性の26.8%、女性の26.0%は1日1食以上、主食の重ね食べをすると答えた。

図1◎ 主食の重ね食べの状況(男女別)
[画像のクリックで拡大表示]

 世代別で見ると、1日1食以上の割合は65歳以上の男性が34.1%と最も多く、次いで65歳以上の女性が29.7%と高齢者がトップ2を占める(図2)。これに18~29歳の男性が28.9%で続いた。

図2◎ 主食の重ね食べの状況(男女・世代別)
[画像のクリックで拡大表示]

 主食の重ね食べについては「おいしいと思う」「お腹いっぱいになると思う」という意見が見られる一方、「太りそうだと思う」との声が男女とも多く、女性で5~6割、男性で3~4割に上る。さらに女性はいずれの年代も4人に1人以上が「健康によくないと思う」と答えている。

太めの人ほど重ね食べの頻度が高い

 体格別で見ると、男女ともBMI値が高い人は主食の重ね食べの頻度も高い傾向を示している(図3)。BMI25以上の「肥満」とされる人は、男性は70.7%、女性は56.2%が週1食以上重ね食べをすると答えた。BMI18.5以上25.0未満の「普通」体型ではその割合は男性が58.6%、女性は45.7%に下がり、BMI18.5未満の「やせ」体型では、男性が53.5%、女性が41.5%にとどまった。

図3◎ 主食の重ね食べの状況(男女・体格別)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、「肥満」の男性は3割(30.3%)が1日1食以上、主食の重ね食べをすると回答しており、大阪府では、太めの人は主食の食べ重ねに気をつけるよう呼びかけている。