日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 夏バテはこのフルーツで乗り切る!  > 2ページ目

トピックス

夏バテはこのフルーツで乗り切る!

新しい研究報告が続々!スーパーフルーツ「キウイ」の健康効果

 大塚千春=フリーライター

グリーンキウイには消化促進効果も!

胃もたれが気になるときに注目したいのは、グリーンキウイだ(©nitr 123-rf)
胃もたれが気になるときに注目したいのは、グリーンキウイだ(©nitr 123-rf)

 実は、キウイは単に栄養が豊富な食品というだけでなく、消化促進や、便秘の改善、血糖値上昇の抑制などの健康効果も認められるという。今年4月にはこのキウイの食品機能性に注目した『第1回 キウイフルーツの栄養および健康効果に関する国際シンポジウム』がニュージーランドで開催されたほどだ。

 食欲の落ちる夏には、胃もたれが気になるところ。そこでまず注目したいのは、グリーンキウイの消化促進効果だ。

 グリーンキウイはキウイ特有のタンパク質分解酵素であるアクチニジンを多く含む(※2)。アクチニジンは肉類、乳製品、ゼラチンなどのタンパク質をよく分解する。キウイの果肉を使ったゼリーを作ろうとしても、ゼラチンがうまく固まらないのはこのためだ。肉を調理する前にすりおろすなどしたキウイに漬けると軟らかくなることもよく知られている。ただし、「胃の中で胃液と混ざり合っても同じように消化を促進するかどうかは、ようやく最近になって実証されてきた」と西山教授は解説する。

 実験の一つは、消化酵素であるペプシンを加え胃酸と同じ酸性度(pH2)にした人工胃液に食品タンパク質を入れ、まず、体温程度の温度下で30分間消化。その後、トリプシンなどの消化酵素を加え酸性度を腸内と同様(pH8)にした人工腸液で、さらに120分間の消化を行うというもの。結果は、食肉、大豆タンパク質、カゼイン(乳タンパク質)のいずれにおいても、人工胃液にグリーンキウイの抽出物を添加した方が添加しない場合より、消化促進効果があったという(※3)。

 最新の研究では、健康な成人男性10人(21~48歳)に「400gの赤身のステーキと200gのグリーンキウイ」のセットと、「同量の肉とアクチニジンをほとんど含まないゴールドキウイ」のセットをそれぞれ試食してもらい食後の状態を調べたところ、膨満感はグリーンキウイで有意に低下したという報告もある。「この実験はサンプル数が少ないが、これまでにラットや豚を使った動物実験の結果もあり、まず間違いなくグリーンキウイには消化促進の効果があるだろうと考えられる」(西山教授)という。

※2 アクチニジンの含有量は、サンゴールドはグリーンの4分の1程度、ゴールドにはほとんど含まれない。
※3 J. Agric. Food Chem. 2010; 58: 5068-5073/J. Agric. Food Chem. 2010; 58:5074-5080
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.