日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 夏バテはこのフルーツで乗り切る!
印刷

トピックス

夏バテはこのフルーツで乗り切る!

新しい研究報告が続々!スーパーフルーツ「キウイ」の健康効果

 大塚千春=フリーライター

食物繊維や、ビタミンCをはじめとする栄養成分が豊富な果物キウイは、日常生活に取り入れやすい身近な「スーパーフルーツ」だ。今年4月には、ニュージーランドで「第1回 キウイフルーツの栄養および健康効果に関する国際シンポジウム」が開催され、栄養成分に留まらない様々な食品機能性が報告された。消化促進、便秘の改善や血糖値上昇の抑制など様々な食品機能性が認められるというキウイ。7月に開催された「キウイフルーツ・プレスセミナー」で、同シンポジウムに参加したキウイ研究の第一人者、駒沢女子大学人間健康学部学部長、西山一朗教授に最新の研究成果を含めたキウイの健康効果を聞いた。

キウイ1個で1日分のビタミンCが摂れる!

消化促進、便秘の改善、血糖値上昇の抑制、免疫力アップなど、キウイの様々な健康効果が明らかになってきている(©Mariusz Blach 123-rf)

 近年、「スーパーフード」と呼ばれる食品に注目が集まっている。スーパーフードとは、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品や、一部の栄養・健康成分を突出して含む食品を指すが、スーパーや食品店では手に入れにくいものも多い。そうした中で、実は1年中手に入れやすいある果物に「スーパー」な健康効果があるという。キウイだ。

 キウイといえば、まず、平均的な日本人の食生活に不足しているビタミンCが抜群に多いことで知られたフルーツ。その含有量は、フルーツだけでなく食品全体から見てもトップクラスだ。

 キウイは国内でも10種類以上が流通しているというが、一般に見られるキウイは、グリーンキウイ(ヘイワード種、緑肉種)、ゴールドキウイ(ホート16A種、黄肉種)、サンゴールドキウイ(ZESY002種、黄肉種)の3種。その中で、特にサンゴールドキウイには可食部100g当たりビタミンCが161mg含まれ(グリーンキウイは85mg、ゴールドは105mg)、ビタミンCが多いことで知られるいちご(62mg)やグレープフルーツ(36mg)に比べてもかなり多いことが分かる。成人日本人の1日のビタミンC摂取推奨量は100mg。キウイ1個当たりが約100gなので、1個で1日のビタミンC推奨量の約80~160%をカバーできるというわけだ(※1)。

 それだけでなくキウイは、日本人に不足している食物繊維、カリウムに加え、葉酸、ビタミンEなどもバランスよく含む。カリウムは高血圧など、葉酸やビタミンEは動脈硬化などの予防に有効といわれる栄養成分だ。特にグリーンキウイは食物繊維が多く、可食部100g当たり3.0gという値は、やはり食物繊維が多いことで知られるサツマイモ(皮むき生・2.2g)より多い。

 「キウイは生食するため、加熱調理によって壊れてしまったり煮汁に溶け出したりする栄養素も効率よく摂れる。1個当たり50~60kcalと低カロリーであり、1年中手軽に手に入るフルーツで、冷蔵庫で約1カ月持つなど保存性が高いのもメリットだ」とキウイ研究の第一人者、駒沢女子大学人間健康学部学部長・西山一朗教授は指摘する。

※1 キウイの食品成分データはNew Zealand FOODfiles 2014 Vesion01、その他の食物は文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)による。これは、キウイは品種によって大きく成分が異なる中、日本食品標準成分表ではキウイの品種が特定されていないことによる。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.