日経グッデイ

トピックス

年代・性別で違う走る目的!40~50代男性に多いのは?

40〜50代男性は「自己研鑽」も多く

 鈴木 英子=ニューズフロント

 公開リサーチ情報サイトのインテージは、直近1年以内にジョギングやランニング、あるいはマラソンを実施した全国の20歳〜69歳の男女2037人を対象に、ジョギング・ランニングの実態調査(調査期間:2015年4月10日〜14日)を実施した。その結果によると、全体の5割以上が「健康管理・体力維持」のために走っているが、「自己研鑽」の目的で走るのは、男性40代~50代が中心であることがわかった。

 ジョギング・ランニングをする主な目的を尋ねたところ、「健康管理・体力維持」との回答が51.7%で最も多く、以下「美容・ダイエット」が15.5%、「自己研鑽」が9.7%、「ストレス解消・リフレッシュ」が8.2%、「ファンラン」が7.0%、「アスリート」が3.5%と続いた(図1)。

 男女別で見ると、男性は「健康管理・体力維持」が6割近く(55.4%)を占め、他の目的より格段に多い。一方女性は「健康管理・体力維持」が4割強(43.0%)にとどまり、「美容・ダイエット」(25.5%)が男性の2倍以上に増える。

図1◎ ジョギング・ランニングをする主な目的(全体、男女別)
ジョギング・ランニングをする主な目的(全体、男女別)
[画像のクリックで拡大表示]

年代、性別で走る目的が変わる!?

 性別・年代別では、男女とも60代は「健康管理・体力維持」が7割以上と圧倒的に多く、「美容・ダイエット」の割合が他の年代と比べて低い。反対に、女性の20代は「美容・ダイエット」が4割近くにのぼり、「健康管理・体力維持」を上回った(図2)。

図2◎ ジョギング・ランニングをする主な目的(全体、性・年代別)
ジョギング・ランニングをする主な目的(全体、性・年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

走る目的によって、始めた時期が異なる

 ジョギングやランニングを始めた時期を聞くと、「5年以上前」(38.1%)との回答が最多だった。目的別に、5年以上の経験者の割合を見ると、「アスリート」(57.7%)、「自己研鑽」(48.2%)、「健康管理・体力維持」(39.7%)の順で多い。一方、「美容・ダイエット」は始めてから「1年以内」(36.4%)が最も多かった(図3)。

図3◎ ジョギング・ランニングを開始した時期(全体、目的別)
ジョギング・ランニングを開始した時期(全体、目的別)
[画像のクリックで拡大表示]

 走る頻度と1回当たりの距離を目的別で見た場合、「健康管理・体力維持」は「週に1回程度、3〜5km程度」との回答が最も多く、「美容・ダイエット」では「月に1回以下、1〜3km程度」が最多だった。「アスリート」と「自己研鑽」は頻度と距離ともに多い傾向にあり、特にアスリートは半数超が週2回以上実施し、2割近くが1回当たり10km以上走っている(図4、図5)。

図4◎ ジョギング・ランニングの実施頻度(全体、目的別)
ジョギング・ランニングの実施頻度(全体、目的別)
[画像のクリックで拡大表示]
図5◎ ジョギング・ランニングの1回当たりの走行距離(全体、目的別)
ジョギング・ランニングの1回当たりの走行距離(全体、目的別)
[画像のクリックで拡大表示]