日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 意外に知らない!オリーブオイルに関する8つの誤解  > 3ページ目
印刷

トピックス

意外に知らない!オリーブオイルに関する8つの誤解

オリーブオイルの健康的な選び方、使い方

 神谷真規子=フリーライター

誤解4 エキストラバージン・オリーブオイルは生で利用したり、冷たい料理だけに使うものである

誤解率44.2%

 答えはNO。誤解している率も5割以下となり、加熱調理も浸透しつつあるようだ。オリーブオイルは身体によい脂肪酸で組成され、なかでも一番多く含まれているのが、オレイン酸。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持する賢い働きをしてくれる。このオレイン酸は熱にも強いため、揚げ物や炒め物でも健康効果を維持できるのだ。

 「いつもの料理にオリーブオイルをプラスするというのも良いですが、毎日使うオイルをオリーブオイルに置き換えてみると健康効果が高まります。そういった意味で加熱調理にもぜひ使ってほしいですね。調理にサラダ油などを使い、さらにオリーブオイルをかけて食べるのは、油分過多に陥りやすいので」(根本さん)

 また、最高品質のオリーブオイルであるエキストラバージン・オリーブオイルに含まれるトコフェロールやフェノール酸などの微量成分は、加熱により失われやすいため、生で食べる調理法も活用していきたい。

 「毎日の日本の食卓で簡単に活用するならおひたしに垂らす、納豆にまぜる、塩鮭などの焼き魚にかけるなどがおすすめ。変わったところでは、焼き芋にかけても合います。寿司や刺身を食べるときには、オリーブオイルに醤油を少し垂らしてつけてもOK。醤油にオリーブオイルをまぜるのでなく、逆の分量で味わってみて。オリーブオイルは風味に様々な特徴があり、麺類や魚、野菜など淡泊な料理には比較的ライトなものを、肉類などには苦味、辛味がしっかりしたオイルを合わせると良いと言われています。日本に流通している商品は苦味、辛味がおだやかなライトなオイルが多いため、和食にも合わせやすいと思います」(根本さん)

誤解5 オリーブオイルは天ぷらやフライなどの揚げ物には適さない

誤解率48.4%

 前述の通り、加熱調理にも問題はない。「通常フライを揚げる温度は約180度と言われていますが、オリーブオイルの発煙点(油を火にかけてから煙が出始める温度)はそれよりも高い210度。そのため、酸化しにくく、揚げ物におすすめです。発煙点に達するとオイルは酸化し劣化するので、より発煙点が高いオリーブオイルで調理するほうが理にかなっています」(根本さん)。

 他の油と同様に使うことができ、カラッと軽く仕上がる点が特長だ。抗酸化効果が高いため、酸化しにくく繰り返し使うこともできる。エキストラバージン・オリーブオイルも、オリーブオイルと同じように揚げ物に使用できる。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.