日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 胃が大きくなったと思ったら、プチ断食でカラダをリセット
印刷

トピックス

胃が大きくなったと思ったら、プチ断食でカラダをリセット

リバウンドしないプチ断食!成功のコツ

 源川暢子=フリーライター

アンチエイジングにもダイエットにもなる週末プチ断食って?(@pixelbliss-123rf)

 俳優の榎木孝明さんが1カ月間の「不食」を実践して話題を呼んだことで、改めて注目を集めている断食やファスティング。榎木さんの場合はダイエット目的ではなかったようだが、体重が落ちたと聞いて、「てっとり早くやせるには、食べないのが一番かもしれない」「自分もやってみたい!」と断食ダイエットに興味を持った人も多いのでは?

 その一方で、いわゆる“食べない系”ダイエットの断食は、短期間での体重減少効果は出るもののリバウンドも多く、根本的なダイエット効果はないとも言われている(「榎木孝明の不食で注目の「断食」、ダイエットへの効果はナシ?」を参照)。

 では、断食は本当にダイエットにはNGなのだろうか。榎木さんが行ったような1カ月にも及ぶ断食は無理としても、一般の人でも無理なく挑戦できて、しかもリバウンドなしで効果的な断食法はないのか……。というわけで、アンチエイジングとしての「プチ断食」を推奨している、横浜クリニックの院長、青木晃先生にお話をうかがった。

「断食はダイエットに効果がない」は本当か?

 「断食は、『ダイエット』と、カラダの『浄化・リセット』」という大きく分けて2つの目的で行われます」。青木先生はまずそう前置きした上で、前者、すなわちダイエット目的で“何も食べない系”断食を行うと、多くの場合、体脂肪だけでなく、体の水分や筋肉が減少。基礎代謝の低下を招き、一時的な体重減少にはなってもリバウンドしてしまうことが多いと話す。また、脂肪が燃えてなくなるためにはビタミン、ミネラル、タンパク質といった栄養素が必要不可欠であり、食べない系断食は効率良く脂肪が燃えないという意味でもダイエット効果は期待できないという。

 青木先生が推奨するのは、後者のカラダの「浄化・リセット」、つまり「アンチエイジングのための断食」だ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.