日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > エアコンの設定温度、男女の境目は何℃?

トピックス

エアコンの設定温度、男女の境目は何℃?

扇風機を使う人は依然多く、4人に1人はエアコンと併用

 鈴木英子=ニューズフロント

 日用品流通の情報インフラを手がけるプラネットは、男女4650人を対象に実施した熱帯夜の睡眠対策に関する意識調査(調査期間:2016年6月14日~7月1日)の結果を発表した。それによると、夏の睡眠対策の王道はやはり「エアコン」だが、年代が上がるにつれ「エアコンは身体によくない」「電化製品には頼りたくない」という気持ちが強い傾向がうかがえるという。また、希望するエアコンの設定温度には男女差があり、26℃と27℃の間が境界線であることが分かった。

年代が上がるにつれ、エアコン使用率は下がる

 熱帯夜(最低気温が25℃以上の夜)のための睡眠対策を「している」と答えた2361人に、睡眠対策で使用する家電製品を聞いてみると、「エアコン」(41.8%)が群を抜いて多かった(図1)。しかし「エアコンと扇風機の併用」(26.2%)、「扇風機」(25.4%)もそれぞれ約4分の1を占め、扇風機も依然活躍していることが伺える。

図1◎ 熱帯夜の睡眠対策で使用する電化製品(全体/年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

 年代別に家電製品の使用を見ると、「エアコン」は20代(46.7%)が最も高く、40代(43.4%)、50代(43.0%)、60代(41.4%)でも4割を超える。一方、30代(38.8%)は4割を下回り、70代以上(35.4%)が最も低い。

 また、「家電製品は使用しない」と答えた割合は20代は0%だったが、高い年齢層では使用しない派が増える傾向が見られ、60代と70代以降は8%前後に高まる。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.