日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > いよいよリオ五輪、ジカ熱の最新情報を総まとめ  > 3ページ
印刷

トピックス

いよいよリオ五輪、ジカ熱の最新情報を総まとめ

ブラジルでの流行はピークを過ぎる、だが蚊対策は万全に

 大西淳子=医学ジャーナリスト

国内の状況 ~帰国者7人が発症~

 これまでのところ、日本国内でジカウイルスに感染した患者はいませんが、今回の中南米でのアウトブレイク以降に、流行国から帰国した7人が国内でジカウイルス感染症を発症しています。

 流行地域でジカウイルスに感染し、日本に帰国(入国)した人が国内で蚊にさされると、日本の蚊がジカウイルスを持つことになります。その蚊が別の人を刺した場合に、国内で感染者が発生する可能性があります。

 ジカウイルス感染症について詳しく知りたい方は、厚労省のQ&Aページ(*7)をご覧ください。厚労省は啓発用のポスターなども提供しています(*8)。

 政府は、2016年6月を「夏の蚊対策広報強化月間」に指定し、ジカウイルス感染症の予防を目的とする、「蚊を増やさない」、「蚊に刺されない」ための国民運動への協力を呼びかけました(*9)。残念ながら、十分に周知されないままに終わってしまったようです。

 五輪直前の今こそ、「蚊を増やさない」よう、おのおのが自宅周囲のたまり水を捨てるなどして、蚊の発生源をなくしましょう。

妊婦の感染が恐いわけ

 仏Pasteur研究所のSimon Cauchemez氏らが、ブラジルに先駆け2013~2014年にアウトブレイクが発生した仏領ポリネシアのデータを分析したところ、妊娠初期のジカウイルス感染による小頭症のリスクは0.95%と推定されました(*10)。

 2015年にブラジルで発生したアウトブレイクでは、ジカウイルス感染による可能性がある小頭症や中枢神経系の発達異常が疑われる小児が、数千例報告されています。米CDCのMichael A. Johansson氏らが、ブラジルで収集したデータを分析したところ、妊娠初期のジカウイルス感染のみが小頭症のリスクを上昇させることが示唆されました(*11)。

 ここまでの研究は、ジカウイルス感染症を疑わせる症状を経験した妊婦を対象にしていました。そこで、コロンビアのInstituto Nacional de SaludのOscar Pacheco氏らは、別の方向から分析を試みました。2016年1月から2016年4月までに報告された小頭症児50人を対象に、胎内でジカウイルスに感染していたかどうかを調べたところ、4人が胎内感染していました。しかし、4人の母親は全員が、妊娠中にジカウイルス感染症を示唆する症状を経験していませんでした(*12)。

 小頭症児の出生を避けるためには、妊婦が妊娠初期にジカウイルスに感染しないことがなにより重要です。具体的には、ジカウイルスを媒介する可能性がある蚊に刺されないこと、ジカウイルスに感染した可能性があるパートナーとの性行為は回避する、または慎重に予防策を取る必要があります。

 2016年7月25日に発表された最新の研究(*13)では、今回の流行が終息するまでに、中南米とカリブ海地域全体で、165万人の妊婦を含む9340万人がジカウイルスに感染する可能性が示唆されています。これは、米Notre Dame大学のT. Alex Perkins氏らが、南北アメリカ大陸でのジカウイルス感染の流行の推移を予測するシミュレーションを行った結果です。小頭症などの関連症状を有する子どもを出産するのは、妊娠初期に感染した妊婦の1%、と控えめに仮定しても、ジカウイルス関連の先天異常を背負って生まれる子どもは、この地域だけで数万人になると予想されました。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.