日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > いよいよリオ五輪、ジカ熱の最新情報を総まとめ

トピックス

いよいよリオ五輪、ジカ熱の最新情報を総まとめ

ブラジルでの流行はピークを過ぎる、だが蚊対策は万全に

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 リオデジャネイロ五輪開幕まで「あと〇日」というカウントダウンに期待感を募らせている人も多いと思います。もしあなたがリオ五輪のチケットを持っているなら、ここにジカ熱(ジカウイルス感染症)に関する最新情報があります。蚊に刺されないよう十分な用意をしてお出かけください。国内でTV観戦する人も、他人事ではありません。五輪後に、ジカウイルスの感染が国内で広がり、小頭症などの異常を背負って生まれてくる子どもが増えないよう、蚊対策に留意していただきたいと思います。

ジカウイルスを運ぶのは、ネッタイシマカやヒトスジシマカ。(©Mr.Smith Chetanachan-123rf)

 おおよそ半年前に、その時点でわかっていたジカ熱ジカウイルス感染症)の情報をまとめました(「リオ五輪後の日本が危ない! ジカ熱が中南米で急増」)。その中で最も重要なのは「ジカウイルスに感染しても、ジカ熱を発症するのは5人に1人程度」という部分です。これまでに行われた研究は、ほとんどが発症した人を対象としていました。そのために、最も心配な、妊婦が感染し、発症しなかったケースを含めての胎児への影響については、多くが謎のままです。

世界の現状 ~2015年以降、62の国と地域で発症者~

 世界保健機関(WHO)が、2016年7月14日、ジカウイルス感染症に関する状況報告を公表しました(*1)。

 2007年以降に、蚊に媒介されたジカウイルス感染症発症者が報告された国と地域は65カ所になりました。うち62カ所は、2015年以降に発症者が見つかった国と地域で、48カ所では、初めてのジカウイルス感染症アウトブレイクと認識されました。

 なお、11カ所の国と地域で、性行為を介したと思われるジカウイルス感染が報告されています。

 ジカウイルスによると思われる小頭症と他の中枢神経系の異常が報告された国と地域は2016年7月13日までに13カ所になりました。うち3カ所では、異常を持つ子供の母親が、妊娠中にジカウイルス感染症流行国を訪問していました。

 ジカウイルス感染症の流行と並行して、ギラン・バレー症候群(GBS)の罹患率が上昇、またはジカウイルス感染が確認されるGBS患者が増加している国は15カ所になりました。また、複数の国で、ジカウイルス感染者にGBS以外の神経障害が見られています。

 研究者たちはすでに、ジカウイルスの感染が、小頭症とGBSの原因であるという見解について合意しています。

1/4 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.