日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > これからのオンライン診療はどうなるの?
印刷

トピックス

これからのオンライン診療はどうなるの?

第2回 オンライン診療の未来と課題

 梅方久仁子=ライター

オンライン診療に詳しい武藤真祐医師へのインタビュー。第2回のテーマは、オンライン診療の将来だ。オンライン診療によって医療はどう変わるのか。超高齢社会では、どんな医療が求められるのか。オンライン診療が広まるには、何が必要か。武藤医師に熱い想いを語っていただいた。

世の中で起こっている変化を医療界に導入したい

武藤先生は、なぜオンライン診療に取り組むようになったのですか。

武藤 私は、今の医療は100%完成されたものではなく、もっと改善していく余地があると思っています。そこで不思議なのは、世の中がICT(情報通信技術)でこんなに便利になっているのに、なぜ医療では活用されないのかということです。世の中の変化を医療界に導入したいのです。中から変えようとするだけでは難しそうなので、外の世界のことを知ろうと考えて、一旦医療界を飛び出してコンサルタント会社で働くこともしました。

 今の医療には大きな課題が3つあると思います。1つは、医療者と患者とのコミュニケーションの問題。患者さんや家族が本当に伝えたいことが、私たち医療者側にうまく伝わっていないかもしれないと感じます。ICTは、コミュニケーションを支援できるのではないでしょうか。

 2つめはアクセスの問題。これから高齢者がますます増えて在宅医療のニーズが高まっても、在宅医療を行う医師が増えなければ、医療へのアクセスが難しくなってきます。オンライン診療で効率化すれば、より多くの人に医療を提供できるのではないでしょうか。

 3つめは、私たちは「アドヒアランス」(*1)と呼んでいますが、治療方針を決めたら、それをどう着実に実施するかという問題。せっかく薬を処方しても飲み忘れてしまうと効果がありません。ICTは、薬の飲み忘れや生活習慣の改善をサポートできるのではないでしょうか。

 今の医療でできていないことや今後できなくなることが、ICTを使えば補えるのではないか。それなら早くやろうと思って、オンライン診療の事業に取り組み始めました。「まず議論して」というやり方もありますが、私は「議論するよりともかくやってみよう」というタイプですから。

オンライン診療に限らず、医療のICT化を進めようということですね。

武藤 そうです。在宅診療クリニックを起ち上げたときも、ICTは積極的に活用しました。在宅診療では、24時間体制を構築するために、スタッフの連携が欠かせません。ICTは、患者の情報をスタッフ間で共有し連携を進めるためには、必須のツールです。

*1 アドヒアランス(adherence)は、患者自身が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けることをいう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.