日経グッデイ

トピックス

がん患者の5年生存率は推計62.1%に

「5年相対生存率」の最新の推計を発表、男女ともわずかに向上

 鈴木英子=ニューズフロント

 国立がん研究センターのがん対策情報センターは、がんと診断された人の生命を治療でどのくらい救えるかを示す「5年相対生存率」の最新の推計を発表した。2006~2008年の診断症例をもとに集計したところ、5年相対生存率は62.1%となり、前回集計(2013年3月公開)の58.6%から3.5ポイント向上した。

 本推計は、都道府県が行う地域がん登録のデータを活用して算出した。がんと診断された人のうち5年後に生存している割合が、日本人全体で5年後に生存している割合に比べてどのくらい低いか表し、100%に近いほど治療で生命を救えるがんであることを意味する。

男女とも5年相対生存率は前回より3ポイントほど上昇

 今回の集計は、全国21県の64万4000人以上の患者データに基づくもの。男性の5年相対生存率は59.1%、女性は66.0%で、2003~2005年の診断症例に基づいた前回集計と比べ、それぞれ3.7ポイントと3.1ポイント上昇した。ただし数値の改善は、前立腺がんや乳がんといった予後の良いがんが増えたことが影響していると見られる。

 部位別の5年相対生存率を高い順に見ると、男性は「前立腺がん」(97.5%)、「皮膚がん」(92.2%)、「甲状腺がん」(89.5%)、「膀胱がん」(78.9%)、「喉頭がん」(78.7%)となった(図1)。女性は「甲状腺がん」(94.9%)、「皮膚がん」(92.5%)、「乳がん」(91.1%)、「子宮体がん」(81.1%)、「喉頭がん」(78.2%)が並んだ(図2)。

図1◎ 男性の部位別5年相対生存率
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎ 女性の部位別5年相対生存率
[画像のクリックで拡大表示]

 低い順では、男性は「膵臓がん」(7.9%)、「胆がん(胆のう・胆管)」(23.9%)、「肺がん」(27.0%)、「脳・中枢神経系のがん」(33.0%)、「肝がん(肝および肝内胆管)」(33.5%)となった。女性も「膵臓がん」(7.5%)が最も低く、「胆がん(胆のう・胆管)」(21.1%)、「肝がん(肝および肝内胆管)」(30.5%)、「多発性骨髄腫」(36.3%)、「脳・中枢神経系のがん」(38.6%)が続いた。

 また、いずれの部位も、進行度が上がるにつれて生存率が低下し、多くの部位では早期に診断されると生存率が良好であることが分かった。