日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 運動時の熱中症対策、水は1回にゴクゴク…と「9口」がコツ
印刷

トピックス

運動時の熱中症対策、水は1回にゴクゴク…と「9口」がコツ

熱中症・脱水予防のために知っておきたいこと(3)

 伊藤和弘=フリーランスライター

 気温や湿度が上がり、熱中症が多発する季節になってきた。そこで環境省主催の「平成29年度熱中症対策シンポジウム」の中から、働き世代が押さえておきたい3講演の内容を一つずつ紹介しよう。今回は筑波大学体育系の渡部厚一准教授による「スポーツと熱中症」をお届けする(第1回は「熱中症、重症かどうかの見極め方は? 応急措置はどうする? 」、第2回は「高齢者の『熱中症』はなぜ多い? 脱水の予防策は?」)。

運動中の水分補給は、1回当たり、ごく、ごく、ごく……と9口飲み込もう(c)fotokvadrat-123rf

運動量の少ないスポーツも安心できない

 スポーツの運動量は種目によって大きく異なる。ゴルフやボウリングに比べて、サッカーやレスリングははるかに運動量が多いのは誰でも想像がつくだろう。そして、熱中症といえば、運動量の多いスポーツほどリスクが大きいと思っている人は少なくないだろう。だが、それは誤解だ。

 消費カロリーを示すのにMETsという単位が使われる。これはじっとしているときのカロリー、すなわち基礎代謝を1METsとして、その何倍のカロリーを消費する運動なのかを見たもの。ゴルフは約5METsに対し、サッカーやランニングは約10METsになる。

 しかし、負荷が少なければ安全かというと、必ずしもそうとはいえない。オーストラリアでスポーツ種目と熱中症の発症率を見た研究によると、野球やクリケットで熱中症を起こすのは15~24歳が最も多かったが、35~44歳ではマラソンが多く、65歳以上ではゴルフで熱中症を起こす人が最も多かった(*1)。「65歳以上のデータはゴルフ人口が多いためと考えられるが、どのようなスポーツでも熱中症が発生する可能性はあるということ」と渡部准教授は指摘する。

 また、屋外のスポーツに比べ屋内のスポーツのほうが安全だと思っている人もいるだろうが、それも誤解だ。中高生の運動部のスポーツ種目別の熱中症死者数を見ると、最も多いのは野球。さらにラグビー、サッカーと続くが、剣道や柔道といった屋内で行う競技も意外に多い。夏でも防具を着けなければいけない剣道の死者数はサッカーに匹敵するほど多く、屋内競技も決して油断できないことが分かる。

図1 スポーツ種目別熱中症死者数
日本スポーツ振興センター学校災害防止調査研究委員会「体育活動における熱中症予防 調査研究報告書」(2014年3月)より、平成2~24年度の23年間での集計
[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツで熱中症が発生するのはなぜか。まず、運動によって体内に熱が発生し、体温が上がるからだ。屋外スポーツであれば炎天下で行う、剣道であれば防具を着けた状態など、日常生活とは大きく環境が異なることも関係している。渡部准教授はさらに、スポーツの服装なども含めた「ルール」も大きな要因になっているという。

* J Sci Med Sport. 2008 Jan;11(1):40-7.

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.