日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 2016年のがん統計予測、新たながん患者100万人超の見込み
印刷

トピックス

2016年のがん統計予測、新たながん患者100万人超の見込み

統計を始めてから増加の一途、大腸・胃・肺・前立腺・乳房は固定

 鈴木英子=ニューズフロント

 国立がん研究センターのがん対策情報センターは、2016年のがん統計予測データを発表した。今年新たにがんと診断されるがんの数(罹患数)は推計101万200例と、2015年の予測値より約2万8000例多く、初めて100万例を超える見込み。今年がんで亡くなる人は推計37万4000人で、2015年の予測値を約3000人上回る。

部位別では「大腸」「胃」「肺」の罹患数が多く

 がん罹患数は統計が作成され始めた1970年代から一貫して増えている。2016年の男女別罹患数は、男性が57万6100例、女性が43万4100例と予測される(図1)。

図1◎ 2016年がん罹患数予測(例)
※大腸は結腸と直腸の合計。子宮には子宮頸部と子宮体部が含まれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 部位別では、「大腸がん」(14万7200例)、「胃がん」(13万3900例)、「肺がん」(13万3800例)の順で多く、「前立腺がん」(9万2600例)、「乳がん(女性)」(9万例)と続く。2015年のがん統計予測と比較すると上位5位に変化はなかった。

 男性は「前立腺がん」が最多で、「胃がん」「肺がん」「大腸がん」「肝臓がん」の順となる。女性では「乳がん」が1位で、以下「大腸がん」「肺がん」「胃がん」「子宮がん」が続く。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.