日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 「新型コロナの第2波は来ているのか?」「再感染はあるの?」  > 3ページ目
印刷

トピックス

「新型コロナの第2波は来ているのか?」「再感染はあるの?」

川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏 講演会報告

 梅方久仁子=ライター

発症から10日過ぎると、PCRが陽性でも人にはうつさない

 新型コロナは発症して5日から1週間くらいで8割の人が治るが、重症化する人はこの頃から肺炎になる。軽症の期間中に急激に重症化する人が出るので、症状の変化には注意が必要だ。また、この病気は発症するちょっと前から人にうつしはじめるところがやっかいだ。

 ただ、他人に感染させるリスクが高いのは発症5日目までで、軽症や中等症の患者では、発症して10日くらいたつと、人にうつす(感染力を持つ)ウイルスが体からほとんど出てこなくなる(図4)。つまり、発症から10日経てば、たとえPCR検査が陽性でも他人にうつす心配はほとんどなくなると考えていい。

図4 人に感染させるウイルスの検出頻度の変化
図4 人に感染させるウイルスの検出頻度の変化
症状が現れてから約10日で、人に感染させるウイルス(培養陽性になるウイルス)の検出率は5%未満になる。(出典:Wolfel R, et al. Nature. 2020;581:465-469.)

 PCR検査は、体の中にウイルスの遺伝子の一部があるかどうかを調べる検査だ。感染力の有無にかかわらず、壊れたウイルスのかけらが体の中にあるだけでも陽性になる。したがって、なんでもかんでもPCR検査をやると、間違った判断(例えば、既に人にうつす心配のなくなった患者を隔離するなど)につながる可能性がある。

やみくもにPCR検査をすればいいというわけではない

 PCR検査以外の診断法として、インフルエンザの検査のような抗原検査キットが出てきている。抗原検査はウイルス量が少ないと陰性になり、PCR検査よりも感度は落ちる。しかし、陰性になるということは、たとえ感染していてもウイルス量が少なく他人にうつしにくいということだ。感度は落ちても、使い方次第では役に立つと考えている(関連記事はこちら)。

 感染後に体の中で作られる抗体を検査する方法もある。しかし、抗体は病気が終わり始めてからようやく現れてくるものなので、抗体の存在で分かるのは、「以前そのウイルスに感染したことがあるかどうか」ということだけだ。抗体が陽性でも既に人にうつさない状態かもしれないし、陰性でも今まさに感染していて、ウイルスを出している状態(まだ抗体価が上がってきていない段階)かもしれない。

 一口に検査と言っても、目的をしっかり定めて使い分けることが大事だ。病気を診断するために行うのか、行政が感染の広がりを把握するために行うのか、健康診断として行うのか。やみくもにPCR検査を拡大すればいいわけではなく、多様な検査方法の役割や特徴を理解し、上手に組み合わせて使い分けなくてはならない。

ウイルスの再燃、慢性化、再感染はあるのか?

 新型コロナウイルスに感染し、治ってPCR検査が陰性になったあと、しばらくしてまた陽性になり、発熱したという例が報告されている。ただ、その人が再度感染をしたのか、体の中に潜んでいたウイルスが再燃したのか、といったことは、現時点でははっきり分かっていない。(水痘・帯状疱疹ウイルスや肝炎ウイルスのように)このウイルスが体の中に潜伏して再燃したり、慢性化することがあるかどうかは不明だが、例えば血管炎を起こしたり、精神的な影響を与えたりする可能性はあるかもしれない。

 再感染についても、まだなんともいえない状況だ。例えば、従来の鼻風邪を起こすコロナウイルスや、子どもに多いロタウイルスは、一度かかった人が何度もかかることはある。新型コロナが、一度かかれば二度とかからないウイルスなのか、何度も感染するウイルスなのかは、まだ明らかになっていない。

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.