日経グッデイ

トピックス

暑い時期は要注意! 4人に1人が熱中症の経験あり

屋内で熱中症になったことのある人も4割以上

 鈴木英子=ニューズフロント

 日本調剤が実施した「夏バテ」や「熱中症」に対する意識調査(調査期間:2016年6月15日~17日)の結果によると、熱中症になったことがある人の4割以上が屋内で熱中症を経験しているという。

夏バテ対策、最も多いのは「温度管理」

 全国の20~69歳の男女1000人に、夏バテしない体づくりのために心がけていることを尋ねると、「まめな水分補給」(47.5%)、「十分な睡眠」(46.6%)、「1日3食しっかり食べる」(37.4%)、「規則正しい生活」(34.9%)が上位に挙げられた。

 夏バテ予防のために行っている対策は、「エアコンの設定温度に気をつける」(44.9%)が最も多く、「扇風機を使う」(33.0%)、「夏用の寝具を使う」(32.3%)、「外出時は日傘・帽子を使う」(32.1%)が続いた(図1)。

図1◎ 夏バテ予防のために行っている対策
[画像のクリックで拡大表示]

 回答者のうち、今までに熱中症になったことがある人(「熱中症になったことがある」と「熱中症のような症状になったことがある」の合計)は28.0%だった(図2)。

図2◎ 熱中症になった経験の有無
[画像のクリックで拡大表示]

 性・年代別で見ると、熱中症経験者が最も多いのは女性20代(34.0%)、次いで男性30代(33.0%)、女性50代(31.0%)。一方「熱中症になったことがない」との回答は、男女とも60代(男性75.0%、女性73.0%)が他の年代より多い。

女性は屋内でも熱中症になりやすい

 熱中症になった場所は、「屋外」(70.7%)が圧倒的に多いものの、4割以上(42.1%)が「屋内」(自宅と自宅外の合計)で熱中症を経験している(図3)。性・年代別で見ても、男女ともすべての年代で「屋外」が最も多いが、女性は男性と比べて屋内の割合が高い傾向が見られた。

図3◎ 熱中症になった場所(熱中症経験者対象、複数回答)
[画像のクリックで拡大表示]

 熱中症になった際の状態は「めまいやたちくらみ、顔のほてり」(69.3%)が1位、「頭痛」(50.4%)が2位、「吐き気やおう吐」(35.7%)が3位だった。そのほか「倦怠感、虚脱感」(29.6%)、「異常に汗をかく、または汗をかかない」(25.7%)などの意見が聞かれた。

 熱中症になった場合の対処法として知っていることを聞くと、最も認知度が高いのは「水分・塩分を補給する」(80.2%)だった。以下「涼しい場所に避難する」(74.3%)、「脇の下、大腿部の付け根などの大きい血管を水やアイスバッグで冷やす」(58.7%)が続いた。

■熱中症になった場合の対応についてはこちら
 ・熱中症の人への適切な対応は?
 ・梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策(もし身近な人が熱中症になったら)

日経グッデイ春割キャンペーン