日経グッデイ

トピックス

梅雨時はしくしく痛む? 40代までに7割が関節の不調を自覚

不調の放置はロコモにつながる可能性も

 鈴木英子=ニューズフロント

図1◎ ひざなどの関節の不調をいつ頃から感じたことがあるか
[画像のクリックで拡大表示]

 キューサイの「100歳まで楽しく歩こう課」は、ひざなどの関節の不調に関して、2016年6月13日・14日にインターネット調査を実施した。その結果によると、関節に不調を感じている人の大半は、若いうちからすでに不調のサインを認識している。

 全国の30~60代の男女824人に、これまでひざなどの関節に不調を感じたことがあるか聞くと、43.8%に当たる361人が「感じたことがある」と答えた。不調を感じ始めた時期は「20代まで」が14.4%、「30代」が26.3%、「40代」が26.9%で、合わせて約7割(67.6%)が40代までにひざなど関節の違和感を経験している(図1)。

梅雨時は関節の不調を感じやすい

 ひざなどの関節に不調を感じたことがある人のうち、6割以上(63.4%)が「梅雨時期に不調を感じる」(「梅雨時期に不調を強く感じる」もしくは「梅雨時期に時々不調を感じる」の合計)と答えた(図2)。性・年代別では、男女とも30代は梅雨時期に不調を感じる割合が最も多く、7割以上(男性72.3%、女性71.1%)に上った(図3)。

図2◎ 梅雨時期にひざなどの関節に不調を感じるか(全体)
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎ 梅雨時期にひざなどの関節に不調を感じるか(性・年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

 厚生労働省の2013年版「国民生活基礎調査の概況」によると、介護が必要となる主な原因の25.0%は、「骨折・転倒」「関節疾患」「脊髄損傷」などを含む運動器の故障が占めている。運動器は骨・関節・筋肉・神経で構成され、どれか1つが悪くなると体を上手に動かすことが困難になる。

 ロコモティブシンドローム(運動器症候群)にならないためにも、ひざなど関節の不調をそのままにせず、早めの対策をとることが大切だと、同調査はアドバイスしている。

■変更履歴 元データに不備があったため、本文中の、ひざなどの関節に不調を感じたことがある人の割合(総数ならびに年代別)を修正しました。また、図1と図2を差し替えました。[2016/7/15 00:00]
関連記事