日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 脳活性化で体機能向上 アスリートも励む赤ちゃん返り  > 3ページ目

トピックス

脳活性化で体機能向上 アスリートも励む赤ちゃん返り

脳のコンディショニング術(2)

 村山真由美=ライター

●エクササイズ

寝返り(左右各5回)】

※誰かに数メートル離れた場所で手をたたいてもらうとやりやすい。一人で行う場合は、誰かが部屋の隅などで手をたたいているとイメージして行うとよい。

 まず、誰かが部屋の奥で手をたたいているとイメージする。あお向けに寝た状態から首を起こし、音が鳴っている側とは反対の耳で音を聞こうとしながら、視線を音のする方向に動かしつつ、手を使わずにゆっくりと体を回転させる。戻るときは股関節を曲げてひざの引き上げを使う。赤ちゃんが「どこかで何かの音がする→見たい」と体を動かすように、聴覚と視覚を使って動くのがポイント。

ムカデ運動(左右各5回)】

 両手脚を上下に伸ばした状態でうつ伏せになり、片側の手と脚を引き寄せて、手脚を引き寄せた側に顔を向ける。その状態から顔を上げて反対側に顔を向ける。反対側を向くと同時に、曲げていた方の手脚を伸ばし、反対側の手と脚を引き寄せる。顔を動かす時、目から先にその方向に動かすのがポイント。これは四つばいの前段階の動き。

四つばい(前後・左右各5回)】

 床に手とひざをつき、ひざは肩幅に開く。肩と股関節の力を抜いて背中を丸めないようにする。この状態から、上下、左右に頭を動かす。顔を動かすとき、目から先にその方向に動かすのがポイント。

 頭が下がっていたり、肩に力が入っていると首を上げることができない。

 上記のエクササイズで上手に立ち上がるための準備が整ったら、正しい姿勢を保持できるようにするためのエクササイズを行おう。それについては次回記事で紹介する。

(写真・動画 鈴木愛子)

江口典秀(えぐち のりよし)さん
マークスライフサポート代表取締役、日本オリンピック委員会強化スタッフ
江口典秀(えぐち のりよし)さん 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科修了後、プロスポーツ選手や実業団選手など、多くのトップアスリートのケアおよびトレーニングを指導してきた。これまで夏季・冬季オリンピックにてセーリングやアルペンスキーの日本代表チームのコンディショニングを担当。現在は神経科学を応用した脳のコンディショニング「トータルニューロコンディショニング(TNC)」の普及に尽力している。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.