日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 脳活性化で体機能向上 アスリートも励む赤ちゃん返り
印刷

トピックス

脳活性化で体機能向上 アスリートも励む赤ちゃん返り

脳のコンディショニング術(2)

 村山真由美=ライター

趣味でやっているジョギング、ゴルフ、テニスなどのパフォーマンスをアップさせたい、あるいは、年のせいか階段をスタスタ下りられなくなった現状をどうにかしたい、などと思っているビジネスパーソンも少なくないだろう。とはいっても、筋トレや走り込みのようなきついトレーニングは正直厳しい……。そんな人に試してほしいのが「脳のコンディショニング」だ。これは、トレーナーの江口典秀さんが提唱している「トータルニューロコンディショニング(TNC)」という最新のメソッド。第1回「加齢で感じる体の衰え 脳のコンディション・チェックで取り戻す」では理論とセルフチェックの方法を解説したが、今回は具体的なエクササイズを紹介しよう。

サッカーレフェリーの合宿にて。江口さんの指導の下、赤ちゃんに戻って脳のスイッチを入れ直すエクササイズを行っているところ(写真提供=江口さん)

赤ちゃんに戻って脳のスイッチを入れ直す

 「脳のコンディショニング」は、筋トレや有酸素運動などとは全く別のもので、体を動かす時に指令を出している脳の情報処理能力を高めるものだ。具体的にどんなことをやるかというと、「赤ちゃんに戻すことから始めます」と江口さん。

 新生児の脳には、大人の脳と同じだけの神経細胞が備わっている。脳の神経細胞は数が増えることではなく、シナプスでつながり細胞間にネットワークができることで成長する。これはよく、インターネットのケーブルに例えられる。新生児の脳はいわば、ケーブルは配置されているが、接続されていない状態。生後1年間で、特に体を動かすためのネットワークの接続部分が急激に増えていくのだ。

 「寝ていた赤ちゃんが立てるようになるということは、地球の重力に対抗して体のバランスが取れるようになるということ。寝返り、四つばいなど発達プロセスを段階的に踏むことにより、徐々に神経のネットワークにスイッチが入り、立つための全てのネットワークがつながった時、立てるようになります。このプロセスは、その後に自由に歩き生活できるための基盤となリます。また、この姿勢が保てないと、肩こりや腰痛だけでなく、座って仕事をする時などに集中力が低下する要因にもつながります。しかし最近、寝返りや四つばいなどが十分にできないまま成長してしまい、どこかのスイッチが入っていない場合があるようです」(江口さん)

 赤ちゃんはお母さんの声がするほうを向きたい、おもちゃを取りたいなどの理由で寝返りをするが、こういった刺激が少ないと十分に寝返りをしないで育つ。また、抱っこばかりされていたり、住宅事情の影響などで十分にハイハイをしたりしないまま立つ子もいる。

 「立つことは全ての運動の基本です。赤ちゃんの時にどこかのスイッチが入っていないままだと正しく立つことができません。そのため、運動時のフォームが悪くなったり、左右差が出たり、体を思うように動かせない、しなやかに動かすことができない、猫背姿勢になったり、姿勢が保てず肩こりや腰痛につながったり……、ということが起こります」(江口さん)

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.