日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > コロナ禍での「夏のマスク生活」はここがポイント!
印刷

トピックス

コロナ禍での「夏のマスク生活」はここがポイント!

人との距離が十分なら外してもOK、ただし「マスクを外したら人と話さない」

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 気温の上昇に伴い、マスクなしで外出する人が徐々に増えてきました。今年の夏は、熱中症を回避しつつ、新型コロナウイルスに自分が感染しない、そして人に感染させないことが求められる、大変難しい夏になります。特にマスクの扱いについては、新型コロナウイルスが身近に存在する可能性を想定しながら、その場その場で1人1人が知恵を絞って、最適な選択をすることが大切です。

 本記事では、現在得られているエビデンスに基づいて、コロナ禍での「夏のマスク」との付き合い方を考えてみます。

高温多湿の環境でマスクを着けていると、心拍数や体感温度が上昇し、体に負担がかかる。

マスクをしていると、熱中症リスクが上昇する?

 気温が上がり、日差しも強くなったタイミングで、自粛生活によって暑さへの順応が遅れた人々が外出するようになり、熱中症のリスクが上昇しています。そうした状況下でマスクを着用していると、息苦しく感じ、身体に負担がかかる恐れがあります。ただし、マスクによって熱中症リスクが上昇することを示したデータは、これまでのところないようです。

 日本救急医学会・日本臨床救急医学会・日本感染症学会・日本呼吸器学会で構成される、「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症診療に関するワーキンググループ」は、6月1日に「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」を公表しました(*1)。同グループは、「現時点ではマスクをつけて運動しているから必ず熱中症になりやすいとも言えない」としつつ、「心拍数、呼吸数、二酸化炭素、体感温度の上昇から、マスクをつけることで、体に負担が掛かると考えられます」との見解を示しています。

 厚生労働省も、「令和2年度の熱中症予防行動」の中で、熱中症予防のため、適宜マスクを外すことを呼びかけています(*2)。具体的なポイントは以下の通りです。

熱中症予防のためのマスク使用のポイント

  • 高温多湿の屋外で、人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合にはマスクを外す
  • マスクを着用している時は、強い負荷の作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとる
  • のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をする
*1 新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症診療に関するワーキンググループ「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言
*2 厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.