日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「四十肩・五十肩」を防ぐ! 気持ちい~い「肩関節ストレッチ」  > 2ページ
印刷

トピックス

「四十肩・五十肩」を防ぐ! 気持ちい~い「肩関節ストレッチ」

整形外科医・中村格子さんが指南する「究極のストレッチ」(1)

 中村格子=Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長

四十肩・五十肩リスクが分かる簡単チェック

 四十肩・五十肩はその症状の現れ方から、ある日突然発症するように思えるが、「長年かけて積み重なった炎症の結果起こるのです」と中村さん。

 その一因と考えられているのが、肩関節の位置のずれ。

 試しに、簡単なチェックを行ってみよう。

肩関節チェック 立ったとき、手の位置は真横になっている?
[画像のクリックで拡大表示]
  • 特別な意識をしないで、なにげなく立ち姿勢をしてみる。
  • 真横から見て、両手が体の真横より前側に来ている人は「前肩」。肩関節の位置が正しい状態ならば、手は体の真横に来る。

 「通常、関節はクッションの役割をする柔らかい組織(関節包)によって包まれていますが、肩関節はひざなどの他の関節と異なり、関節包で包まれている部分はごく一部だけ。だから、もともと肩関節周囲はこすれる刺激に弱く、損傷しやすいのです。そのうえ、肩関節は、つなぎ目である接合部がずれやすい構造をしている、という特徴も。肩関節が前側にずれた『前肩』になっていると、関節周囲の組織がつねに摩擦を受ける。その刺激が長期間積み重なると、炎症を起こします。この炎症が四十肩や五十肩の痛みの原因となるのです」(中村さん)。

 肩関節の位置が前側にずれる原因のうち最たるものは、猫背の状態で長時間行うデスクワーク。他にも、座って読書、スマホ操作、料理などの家事の多くもすべて肩関節を前側にずれこませる動作となる。一日のほとんどを「前肩」の状態で過ごしている人は、改善する動きをぜひとも取り入れたい。

 こまめに肩関節位置を修正する方法として中村さんが提案するのが、次の3つのストレッチだ。なお、既に肩が痛い人は無理なストレッチはせず、主治医に相談しよう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.