日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > “朝はパン派”が”ごはん派”を上回る唯一の地域は?  > 2ページ目

トピックス

“朝はパン派”が”ごはん派”を上回る唯一の地域は?

主菜を選ぶなら…人気が高いのは「魚」より「肉」

 鈴木英子=ニューズフロント

 外食をするなら「和食」派(35%)が「洋食」派(26%)を上回るが、「どちらともいえない」(39%)との回答が最多だった(図3)。主菜を選ぶなら、「魚」(29%)より「肉」(41%)の方が人気が高い(図4)。

図3◎ 外食をするなら「和食」か「洋食」か(全体)
[画像のクリックで拡大表示]
図4◎ 主菜を選ぶなら「魚」か「肉」か(全体)
[画像のクリックで拡大表示]

 味付けは「濃い味」(25%)より「薄い味」(34%)が支持されているが、「どちらとも言えない」(40%)が最も多かった(図5)。男女別で見ると、男性は「濃い味」(33%)が「薄い味」(26%)より多く、女性は「薄い味」(42%)が「濃い味」(18%)を大きく上回る。

図5◎ 味付けは「濃い味」か「薄い味」か(全体、属性別)
[画像のクリックで拡大表示]

地域、年代によって食の嗜好には偏りある

 朝食については特定エリアで目立った傾向があり、北海道・東北は「ごはん」(62%)を選ぶ人が圧倒的に多く「パン」(17%)の約4倍にのぼる。近畿はエリア別で唯一、「パン」(45%)が「ごはん」(34%)より多かった。

 刺身を食べる際の選択は、東(北)から西(南)にかけて特徴的な傾向が見られた。北海道・東北では「赤身」(48%)が「白身」(18%)を大きく上回るが、近畿は「赤身」(31%)と「白身」(34%)が拮抗し、中国・四国・九州は「白身」(38%)が「赤身」(30%)より多い。

 また年代別で見ると、外食は若い人ほど「洋食」を好み、高齢になるほど「和食」を好む。主菜は若い人ほど「肉」、高齢者ほど「魚」を選ぶ。味付けは、若い人は「濃い味」派が多く、高齢者は「薄い味」派が多くなる。

(グラフ作成:日本リサーチセンター)

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.