日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > カルシウムだけではダメ!男も女も侮れない「骨粗しょう症」の予防策
印刷

トピックス

カルシウムだけではダメ!男も女も侮れない「骨粗しょう症」の予防策

知らぬ間に進行する国民病「骨粗しょう症」予防の新常識

 大塚千春=フリーエディタ―・ライター

糖尿病人口(※1)の1.8倍にも及ぶ推計約1300万人(※2)もの総患者数を抱える「骨粗しょう症」。中高年の女性に多い病気としてよく知られるが、平均寿命が延びる中、男性にもそのリスクは高まっているという。「コツコツ骨ラボ 第1回メディアセミナー」における、原宿リハビリテーション病院名誉院長・林泰史さん、および日本獣医生命科学大学客員教授の佐藤秀美さんの話を基に、骨粗しょう症の現状と予防法を紹介する。

※1 720万人、国際糖尿病連合(IDF)「糖尿病アトラス 第7版 2015」より
※2「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」

予防しないと、知らないうちに進行する「骨粗しょう症」

こんな風に走り回れるのも、骨が元気だからこそ!(©Wavebreak Media Ltd 123-rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 高齢社会において重要な健康問題の一つは運動器の障害だ。これは長い期間、脚、腰などを使用するために起こる障害で、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)と総称される。変形性関節症、サルコペニア(筋肉減少症)、骨粗しょう症などがその代表例だ。

 この中でも、栄養をしっかり摂ることで予防できるのが、骨粗しょう症。自覚症状がないまま少しずつ骨密度(骨量)や骨の質が低下して骨の内部がスカスカになり、強い力が加わらなくても骨折しやすくなる病気だ。

 骨粗しょう症には、加齢によって引き起こされるタイプと、病気や薬の影響で二次的に起きるタイプがある。前者は、骨を作るのに必要なカルシウムの吸収が加齢により悪くなることや、栄養やホルモンのアンバランス、運動不足などが原因として挙げられる。女性の場合は、骨形成などを助けてきた女性ホルモン(エストロゲン)が閉経後に激減することも大きな原因となる。

 「骨粗しょう症は女性の方が多いのですが、高齢者社会となり寿命が延びたことで、男性の問題ともなってきています」と原宿リハビリテーション病院名誉院長で、骨粗鬆症財団の評議員を務める林泰史さんは指摘する。『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年度版』によると、日本の骨粗しょう症患者数は男性300万人、女性980万人の計1280万人と推計される。

女性は40代から、男性は50代から増加

 日本人女性は40歳ぐらいから骨粗しょう症の患者が増え始め、65歳になると約半数が骨粗しょう症になる。一方、男性は女性よりなりにくいものの、50代より増え始め、80代になると約半数が発症するのだという。

 また、高齢者は骨折するだけでなく、骨折後に要介護状態になることが多く、死亡のリスクも高まる。80歳以上の男性、65歳以上の女性では、大腿骨頸部(脚の付け根)の骨折後、5人に1人が1年以内に死亡しているという報告もあるそうだ。「骨密度は血圧計のように手軽に測ることができず、意識して予防しなければ知らないうちに骨粗しょう症が進行してしまう」と林さんはその怖さを語る。

大量飲酒や喫煙の習慣がある人は、リスクが上昇

 また、「飲酒や喫煙の習慣がある人は、それぞれをたしなまない人に比べ1.3~1.6倍と骨粗しょう症のリスクが上がる」(林さん)。アルコールは腸管からのカルシウムの吸収を阻害する。また、喫煙者は食欲低下から十分な栄養を摂らないケースがあるほか、タバコには骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する女性ホルモンの分泌を抑える作用があることなどがその原因だ。

 「英国などの報告を見ると、日本酒にして3合以上を毎日飲む人は骨粗しょう症になりやすいとされています。もっとも、多くの日本の専門家の意見では1日に日本酒1合ぐらいの飲酒であれば、食欲が増してカルシウムを含む多くの食事を楽しく消化しながら食べられることから、骨粗しょう症にとってむしろ良い方向に働くものと考えられています」と林さんは説明する。

 一方、喫煙者は飲酒のようにたしなむ程度に吸う人は少なく、1日10本など毎日ある程度まとまった本数を吸う人が多いため、基本的に骨密度は非喫煙者に比べ低下しているといえるそうだ。また、運動不足も、骨密度を低下させる原因となる。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.