日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 酒は百薬の長、ではなかった。それでも飲むなら  > 2ページ
印刷

トピックス

酒は百薬の長、ではなかった。それでも飲むなら

飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題(3)

 崎谷実穂=ライター/編集者

葉石:そういえば、アルコール依存症専門の病院を取材したときに、アルコール依存症の患者さんはみなさん痩せているな、と思いました。

小田嶋:そうなんですよ。飲みながら食べないし、飲んでないときはだいたい二日酔いだから、気持ち悪くてものを食べられない。私も依存症だった当時は、食欲はないけれど食べないと倒れてしまうかなと思って、よく駅前の立ち食いそば屋に行っていたんですよ。どうせあんまり食べられないなら安いものがいい、と思ってね。

 いつも160円くらいのかけそばを注文していました。それでも、かけそばすら全部食べられなくて残してしまう。それを繰り返していたら、ある日そのそば屋のオヤジに「食べないなら帰ってくれよ」って出禁を食らってしまったんです。

葉石かおり(はいし・かおり)
1966年東京都練馬区生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業。ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経てエッセイスト・酒ジャーナリストに。全国の日本酒蔵、本格焼酎・泡盛蔵を巡り、各メディアにコラム、コメントを寄せる。2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立。

葉石:立ち食いそば屋で出禁ってあるんですね(笑)

小田嶋:そのオヤジにしたら、ケンカを売りに来ているように見えたんでしょうね。毎朝来て、何口かだけ食べて、残して帰るから。でも、当時はどうしても食べられなかったんです。

葉石:壮絶ですね……。浅部先生、休肝日を設けるのはどうなんでしょう。効果があるのでしょうか。

浅部:そうですね、依存症になるのを防ぐことを目的とするならば、それだけではあまり効果がないかもしれません。休肝日を設けているから大丈夫だと思って、他の日に大量に飲酒していたら元も子もないですよね。ただ、毎日飲むよりは量を減らせる、という点では、意味があるでしょう。

ドリンク剤に漢方薬、本当に効く?

葉石:酔いすぎないためには、どういうものを食べたらいいんでしょうか。よく、牛乳を飲んでから飲み会に行くといい、と言われたりしますよね。

浅部:アルコールの吸収をゆっくりさせるためには、胃になにか入れておいたほうがいいというのはあります。でもそれだったら、牛乳より固形物のほうがいいと思いますよ。

小田嶋:あの、ウコンが入っているドリンク剤みたいなのはどうですか。CMなどでは事前に飲むといい、と宣伝されていますよね。

浅部:ウコンはむしろ、取りすぎると一部の人は肝臓が悪くなってしまうんですよね。なので私は、ウコンは積極的に摂取しましょう、とは勧めていません。でも、ああいうドリンク剤にはそんなに大量にウコンが入っているわけではないので、害が出たというのは今のところ聞いたことありませんね。

 ドリンク剤に効き目があるかといわれると……、正確にはわからないですね(笑)。若干、炎症を抑える作用はあると思うので、二日酔いの気持ち悪さを抑える、ということは期待できそうです。

小田嶋:肝臓の絵が書いてあるドリンク剤はどうでしょう。ヘパなんとか、みたいな。

浅部:固有名詞は出さずにいきましょうか(笑)。どうなんでしょうね、はっきりとはわかりませんが、ああいうドリンク剤はアミノ酸などが多く入っているので、飲んで悪いことはないと思います。ドリンク剤やサプリメントは、もともとその成分が足りてない人には効くんですよ。食事から十分にアミノ酸が摂れている人は、そこまで効果を実感できないかもしれません。

葉石:私は五苓散(ごれいさん)という漢方薬を飲み会の前に飲んでいます。飲むと、二日酔いにならない気がするんですよね。

浅部:うーん、漢方薬がお酒の分解にどう影響するかは、私にはわからないですね。でも、漢方の中には炎症を抑える成分が入っているものが多いので、すっきりはするかもしれません。あと、胃を保護する効果は期待できるかと。

 しかし、私はむしろ「薬物性肝障害」といって、薬やサプリの摂取しすぎで肝臓が悪くなった人を、かなりの数にわたって診てきました。その人たちのなかには、漢方薬が原因だった人も何人かいました。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.