日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 新しい機能派ヨーグルトが続々! あなたにぴったりのヨーグルトは?  > 2ページ目
印刷

トピックス

新しい機能派ヨーグルトが続々! あなたにぴったりのヨーグルトは?

風邪対策、お通じ改善などの体調管理からプリン体、ピロリ菌のカットまで

 継田治生=ライター

免疫力改善、プリン体カット等で明治がリード

「明治プロビオヨーグルトR-1」(明治)
「明治プロビオヨーグルトR-1」(明治)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しい機能派ヨーグルトの提供に最も積極的なのは明治だ。同社が持つ乳酸菌“OLL1073R-1”(通称:R-1)は、体内に侵入、発生したウイルスなどの異常な細胞を攻撃する働きのある“NK細胞(ナチュラルキラー細胞)”を活性化させる“免疫力改善機能”を持つ。実際に『山形県舟形町』・『佐賀県有田町』にて、高齢者が摂取を続けた結果、風邪の罹患リスクが低下したデータがある。この乳酸菌は「明治プロビオヨーグルトR-1」などの製品で摂取できる。

乳酸菌「R-1」の摂取で風邪の罹患リスクが低下
山形県舟形町に住む70~80歳の健康な高齢者57名と、佐賀県有田町に住む60歳以上の健康な高齢者85名を対象にして行った試験。乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べる群と、牛乳を1日100ミリリットル飲む群に分けて、試験を行った。舟形町では8週間、有田町では12週間継続して食べてもらい、体調や免疫の変化を比較した結果、どちらの地域でも、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群の方が風邪の罹患リスクが低下した。
山形県舟形町に住む70~80歳の健康な高齢者57名と、佐賀県有田町に住む60歳以上の健康な高齢者85名を対象にして行った試験。乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べる群と、牛乳を1日100ミリリットル飲む群に分けて、試験を行った。舟形町では8週間、有田町では12週間継続して食べてもらい、体調や免疫の変化を比較した結果、どちらの地域でも、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群の方が風邪の罹患リスクが低下した。
[画像のクリックで拡大表示]
乳酸菌“OLL1073R-1”
乳酸菌“OLL1073R-1”
[画像のクリックで拡大表示]

 また、明治が持つ“乳酸菌PA-3株”は、痛風の一因と言われるプリン体の吸収を抑える。プリン体は生命活動に必要だが、食べ過ぎや酒の飲み過ぎによって過剰摂取すると、痛風や高尿酸血症につながる恐れがある。この乳酸菌は、「明治プロビオヨーグルトPA-3」などの製品に含まれる。「利用者の9割は男性で、特にプリン体を気にする40~50代の男性が多い」(ヨーグルトマーケティング部の菊地基泰マーケティング2グループ長)という。

 加えて、胃腸にすむピロリ菌を減らす乳酸菌“OLL2716株”(通称:LG21)も明治が持つ。胃潰瘍・胃炎・胃がんなどの原因の一つとされるピロリ菌だけを狙って減らすことができ、「お腹に優しい乳酸菌」といわれている。この乳酸菌は「明治プロビオヨーグルトLG-21」などの製品に含まれる。この製品も、「年配の男性の利用が多い」(菊地さん)という。

「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」(雪印メグミルク)
「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」(雪印メグミルク)
[画像のクリックで拡大表示]

 明治以外では、雪印メグミルクが内臓脂肪を減らす効果をうたった、新機能派のヨーグルト「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」を提供している。同社が持つ“ガセリ菌SP株”では、内臓脂肪・皮下脂肪の低減効果が実験で検証されており、「ウエストを細くしたい女性に加え、メタボ対策を行う中高年男性の利用も多い」(市乳事業部発酵乳・デザートグループの相沢利規氏)という。

ガセリ菌SP株の摂取により腹部の内臓脂肪が低減
肥満傾向(BMI値:25kg/㎡以上30kg/㎡未満、内臓脂肪面積:80平方センチ以上)の20歳以上65歳未満の成人被験者101名を対象に、実験を実施した。被験者は、ガセリ菌SP株入りヨーグルト100g(ガセリ菌SP株10億個)を摂取した群(男性:27名、女性:25名)と、ガセリ菌SP株を含まないプラセボヨーグルト100gを摂取した群(男性:27名、女性:22名)の2群に分け、それぞれのヨーグルトを1日1個、12週間毎日摂取した。その結果、ガゼリ菌SP株入りヨーグルト摂取群では、腹部内臓脂肪面積の有意な減少が認められた。
肥満傾向(BMI値:25kg/㎡以上30kg/㎡未満、内臓脂肪面積:80平方センチ以上)の20歳以上65歳未満の成人被験者101名を対象に、実験を実施した。被験者は、ガセリ菌SP株入りヨーグルト100g(ガセリ菌SP株10億個)を摂取した群(男性:27名、女性:25名)と、ガセリ菌SP株を含まないプラセボヨーグルト100gを摂取した群(男性:27名、女性:22名)の2群に分け、それぞれのヨーグルトを1日1個、12週間毎日摂取した。その結果、ガゼリ菌SP株入りヨーグルト摂取群では、腹部内臓脂肪面積の有意な減少が認められた。
[画像のクリックで拡大表示]
ガセリ菌SP株
ガセリ菌SP株
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.