日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 【PR】“酒飲み管理栄養士”に聞く、太らないお酒の選び方
印刷

【PR】“酒飲み管理栄養士”に聞く、太らないお酒の選び方

お酒によって“太りやすさ”が違う!? ダイエット中のお酒選びのコツ

人生を楽しく、豊かにしてくれる“お酒”。とはいえ「最近つい飲み過ぎてしまう」、「年々太りやすくなった」など、健康や美容への影響が気になる人も多いはず。本連載では、いつまでも楽しく、健康的に飲み続けるためのコツや習慣をご紹介。第1回のテーマは、太らないお酒の選び方。やはりダイエット中には、お酒は飲まないほうがいいの? 自身も無類のお酒好きで、自らを“酒飲み管理栄養士”と語る高杉保美さんに、太らないお酒選びのコツを聞きました。

お酒=太るは誤解。大切なのはお酒の量と選び方

 「お酒を飲むと太りやすくなる」「ビール腹になる」など、ダイエット時はNGというイメージが強いお酒。しかし、「お酒が太るというのは誤解。アルコールのカロリーは1gあたり7kcalと高めですが、アルコールは体内で熱として分解されやすいため、適量を守って飲めば体脂肪にはなりにくい」と、管理栄養士の高杉保美さん。

 太る原因はお酒そのものではなく、お酒が“太りやすい体”をつくることにあるという。

 「体はアルコールを異物と認識するため、アルコールを肝臓で優先的に分解・代謝しようとする。すると、食事でとった糖質や脂質の代謝は後回しになり、体脂肪として蓄積されやすくなる。また、アルコールを分解する際に、糖質や脂質の代謝を促すビタミンやミネラルも消費されるため、さらに代謝が下がって太りやすくなります」

 特にダイエット時に注意したいのが、お酒に含まれる糖質だ。「お酒に含まれる糖質の代謝も後回しになるため、糖質が多く含まれるビール、日本酒、ワインなどの醸造酒ではなく、糖質を含まない蒸留酒を選ぶといい」と高杉さん。同時におつまみでとる糖質や脂質もため込みやすいため、高たんぱく質・低カロリーのものを選び、食べ過ぎないように意識したい。

 では“適量”とはどれくらいなのだろうか? よくアルコールは「エンプティカロリー」だから太らないと言われるが、これはたんぱく質やビタミン・ミネラルなど体に必要な栄養素が含まれない、“空っぽの栄養”という意味。カロリーが空っぽという意味ではないのでご注意を。

 厚生労働省の「健康日本21」が提唱する「適度な飲酒量」は、1日平均純アルコールで約20g程度で、ビールならロング缶1本(500mL)、日本酒なら1合(180mL)、ワインならグラス2杯弱(200mL)、焼酎ならグラス1/2杯(100mL)。さらに女性はアルコール分解速度が遅いため、目安はこの半分~2/3程度とされるため、1日1~2杯に抑えるのがよさそうだ。飲み過ぎた時は週単位でアルコール量を調整したり、休肝日を設けるなど工夫しよう。

お酒の種類は3種類。太りにくいのは蒸留酒

 では、具体的にどんなお酒を選べばいいのかを紹介していこう。お酒の種類は、醸造酒、蒸留酒、混成酒の3つに分類される。この中で太りにくいのは、先ほど述べたように、焼酎、ウイスキー、ジンなどの蒸留酒だ。

 「原料に穀物やいも、果物を使うので糖質が多いイメージですが、蒸留の際にアルコールだけを抽出するため糖質はゼロ。ただしアルコール度数が高いため、一気に飲むとアルコールの血中濃度が急に上がって酔いが回りやすく、暴飲暴食の原因に。飲む時はチェイサーをこまめに飲んだり、割る時は水や炭酸、お茶などの甘くないドリンクを使うのがお薦めです」

ダイエット中にお薦め 「蒸留酒」
焼酎
●144kcal、糖質 0g、アルコール 20.5g
麦、さつまいも、米、そば、黒糖などを主原料に発酵させた蒸留酒。米こうじのみを原料とする泡盛も焼酎の一種。

ウイスキー
●234kcal、糖質 0g、アルコール 33.4g
麦芽などの穀類を主原料に発酵させた蒸留酒。木製の樽で熟成させるためまろやかで深いコクがある。

ウオッカ
●237kcal、糖質 0g、アルコール 33.8g
とうもろこしや大麦などの穀類、いも類を原料に、白樺の炭でろ過したロシアを代表する蒸留酒。くせがなく、ほぼ無味無臭。

ブランデー
●234kcal、糖質 0g、アルコール 33.4g
ぶどうを主原料に発酵、蒸留した琥珀色のお酒。樽熟成による豊かな香りと味わいが特徴。

ジン
●280kcal、糖質 0g、アルコール 40.0g
大麦、ライ麦などの穀類を原料とした蒸留酒。ジュニパーベリーなどの植物で香りづけされているのが特徴。

ラム
●237kcal、糖質 0g、アルコール 33.8g
サトウキビの廃糖蜜や搾り汁を原料としたカリブ諸島を代表する蒸留酒。
※全てのカロリー、糖質、アルコール量の表記は100gあたりのもの。「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」より作成。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.