日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 熱中症のリスク、マスクで高まる? 適宜はずして水分摂取を  > 4ページ目

トピックス

熱中症のリスク、マスクで高まる? 適宜はずして水分摂取を

マスク着用での熱中症のリスク、予防策のポイント

 田村知子=フリーランスエディター

熱中症のリスクが高い高齢者には頻繁な声がけを

 日本救急医学会などによる提言にもあるように、一人暮らしの高齢者など熱中症のリスクが高い人とは、頻繁に連絡を取ることも重要だと、三宅さんは強調する。高齢者は基礎代謝が落ちることで、熱産生量が低くなり、体温も低下するので、気温が高くなっても暑いと感じにくい。そのため、「猛暑日や熱帯夜が数日続いたときに、気づかぬうちに熱中症になり、救急搬送されるケースが多い」(三宅さん)という。

 そうした事態を避けるためには、例えば、室温が高まる午後2時に電話をして、エアコンをつけているかを尋ね、つけていなければスイッチを入れるように促す。さらに、2〜3時間後にも再び電話をして、エアコンがついているか確認するくらいの世話焼きが必要だと、三宅さんは話す。

 「それ以前に、エアコンがちゃんと冷房になっているか下着や洋服、寝具が冬用のままになっていないかなども、確認した方がいいでしょう」(三宅さん)

 消防庁の発表でも、2019年5月から9月の全国における熱中症による救急搬送は、65歳以上が首位で全体の52%を占め、発生場所は住居が最も多かった。高齢者には三宅さんの言うように、念には念を入れるくらいの対応が必要なのだろう。

 熱中症の症状は人それぞれだが、立ちくらみやめまい、食欲の低下、倦怠感といったいつもとは違った体調を感じたら、熱中症を疑って、涼しい場所で休んで体を冷やし、水分をしっかりとる。高齢者の場合は自分では気づきにくいので、やはり周囲が気にかけて様子を見ておくことが大切だ。

三宅康史(みやけ やすふみ)さん
帝京大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長・帝京大学医学部救急医学講座教授
三宅康史(みやけ やすふみ)さん 1985年東京医科歯科大学医学部卒業。さいたま赤十字病院救命救急センター長、昭和大学医学部教授などを経て、2016年より現職。日本救急医学会専門医・指導医・評議員、日本集中治療医学会専門医・評議員など。

先頭へ

前へ

4/4 page

新型コロナ
熱中症
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.