日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 熱中症のリスク、マスクで高まる? 適宜はずして水分摂取を  > 3ページ目

トピックス

熱中症のリスク、マスクで高まる? 適宜はずして水分摂取を

マスク着用での熱中症のリスク、予防策のポイント

 田村知子=フリーランスエディター

体重、血圧などを記録し変化を観察、水分摂取の目安にも

 水分摂取は、脱水を防ぐだけでなく、体を冷やすという意味でも大切だ。そのために、三宅さんは「保冷力のある広口の水筒やマグボトルに、氷を入れて持ち歩くといい」と言う。自動販売機やコンビニでペットボトルの飲料を買っても、すぐに温まってしまう。そこで、買ったらすぐに氷の入った水筒に注いでおけば、いつでも冷たい状態をキープできるというわけだ。もちろん、自宅から冷たい飲料を入れて持ち歩いてもいいが、足りなくなることもあるので、氷は入れておくといいだろう。

体を冷やすという意味では、水筒などに氷水を入れて持ち歩くのも一策。(C)pinkomelet-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 先に触れた「熱中症予防行動」では、水分は1日当たり1.2リットルを目安に、のどが渇く前にこまめにとること、大量に汗をかいたときは塩分も補給することを勧めている。しかし、三宅さんはこれもあくまで目安であり、「その人の年齢や体格、腎機能の状態などによって必要な水分摂取量は違ってきます。高血圧や心不全といった持病で水分や塩分の摂取に制限がある人は、夏に急に水分や塩分をとるようになることで、症状が悪化することもあるので注意が必要」だという。

 適切な水分摂取量を見極めるためには、目安の水分量をとりながら、尿の色や量、体重や血圧、心拍数の変化を観察することが有効だ。「腎機能が正常なら、水を飲む量が多過ぎれば尿量が増え、少なければ尿量が減って色も濃くなる。体重が増えれば水分や塩分のとり過ぎ、減れば栄養状態の悪化や脱水気味が考えられる。血圧が高くなれば水分・塩分のとり過ぎですが、心拍数も増えていれば、逆に脱水気味が疑われます」(三宅さん)

 こうした判断を自分でするのは難しいが、毎日の変化を記録すれば体調管理に役立ち、受診の際にかかりつけ医に見せれば、評価の指標や生活指導の参考になる。

 必要な水分量を摂取するには、意識的に習慣づけることも大切だ。朝・昼・夜と食事をするときには水やお茶を飲むようにし、午前10時や午後3時など、時間を決めて水分を多めにとるようにする。マスクをしているときにはより一層、こまめに水分補給を心がける。

 食欲の低下や体調不良などで水分や塩分がとりづらいときには、経口補水液やスポーツ飲料で補給するといいが、「経口補水液は病者用食品のため、食事がきちんとできていれば、予防的に飲む必要はありません」(三宅さん)

新型コロナ
熱中症
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.