日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い  > 2ページ
印刷

トピックス

突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い

高血圧のある人は要注意

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 解離が始まるとほとんどの人が、それまでに経験がないほどの激痛を感じます。解離部分が広がるにつれて、痛む範囲が、たとえば胸から背中へ、さらに腰へと移動することもあります。解離が止まれば痛みは消えますが、引き続いて、命に関わるような深刻な合併症が発生する危険性があります。痛みが強いことは広く知られていますが、症状を感じない患者も5%強存在するという報告があります。

 解離部分の直径が拡大して瘤が形成された場合には、これを解離性大動脈瘤と呼びます。

 大動脈解離がなぜ、どのようにして発生するのかについては、いまだ不明な点が少なくありません。

【大動脈解離の合併症】心臓の動きを急速に妨げることも

 解離領域の大動脈の壁は、外膜だけで維持されています。そこに血圧がかかると、外膜が破れて出血することがあります。大動脈の分岐部分やその近辺に解離がおこると、分岐血管が狭くなったり詰まったりして、そこから先に血液が流れにくくなり、心筋梗塞脳梗塞が発生します。解離が心臓との接続部分まで広がると、急性心不全になる可能性があります。

【大動脈解離の診断】主にCTスキャンが用いられる

 診断には、大動脈全体を評価でき、緊急時に短時間で検査可能なCTスキャンが主に用いられます。

【大動脈解離の治療】上行大動脈に発生した場合は緊急手術

 大動脈解離が発生した位置によって、命に関わるのかどうか、すぐに手術が必要か否かは異なります。また、発症後2週間の急性期(発症後の48時間を超急性期と呼ぶこともあります)と、それ以降の慢性期では、治療の選択肢が異なります。

解離が発生した位置に基づく分類とそれぞれの特徴
スタンフォードA型スタンフォードB型
解離が発生する範囲上行大動脈を含む下行大動脈以下
発症割合*62.3%37.7%
病院到着前の死亡に占める割合**
(解離型不明が26%)
67%7%
院内死亡(入院患者の死亡率)*34.9%14.9%
入院患者の発症から1カ月以内の死亡率(手術なしの場合)*24時間以内;20%
48時間以内;30%
1週間以内;40%
1カ月以内;50%
1カ月以内;10%以下
急性期(発症から2週間)の治療原則としてただちに手術(人工血管に置換など)合併症がなければ、内科的な治療(強力な血圧管理、安静など)
慢性期の治療症状が安定していれば内科的治療
再発予防・血圧の厳格な管理
・激しい運動、相手とぶつかり合うようなスポーツ、重いものを持つといった行為を避ける
・定期的にCT検査を受けて大動脈の直径を計測
*急性大動脈解離の国際多施設共同登録試験(IRAD)の報告. Peter G. Hagan, et al. The International Registry of Acute Aortic Dissection (IRAD): New Insights Into an Old Disease. JAMA. 2000;283(7):897-903.
** 村井達哉. 大動脈解離と突然死-東京都監察医務院における1,320剖検例の統計的研究-.日法医誌. 1988;42:564–577.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.