日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > ピチカート・ファイヴ野宮真貴さんがハマってる「フィトテラピー」とは?
印刷

トピックス

ピチカート・ファイヴ野宮真貴さんがハマってる「フィトテラピー」とは?

日経Goodayプレゼンツ「WOMAN EXPO TOKYO 2015」リポート~野宮真貴さん

 山本裕美子=フリーライター

5月23、24日、東京ミッドタウンで「WOMAN EXPO TOKYO 2015」が開催され、23日のプログラムでピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカルでフィトテラピストの野宮真貴さんが登壇。「女性力アップの『恋するカクテル、恋する音楽』」をテーマに、自身が勉強しているフィトテラピーや体によいお酒「フィトカクテル」について話した。

ナチュラルに健康になれる「フィトテラピー」

 「日経Gooday」プレゼンツのこのトークイベントでは、初めに日経Gooday編集長の米田勝一の挨拶のあと野宮さんが登場。参加者にはダマスクローズで作った「フィトカクテル」が振る舞われ、ローズのよい香りがただよう中、フィトテラピーに関する野宮さんの話が始まった。

観客に振る舞われたダマスクローズで作った「フィトカクテル」
[画像のクリックで拡大表示]

 「フィトテラピー」という言葉を初めて聞く人もいるかもしれないが、野宮さんによると、これは植物療法のこと。フィトは植物、テラピーは療法を意味する。植物の持つ薬理効果を使った自然療法のことを指し、漢方もその一種だという。

 「みなさんもハーブの持つ効果を選んでハーブティーを飲んだりすると思いますが、フィトテラピーはそれよりさらに専門的な知識を学び、体の症状に合わせたハーブをミックスして煎じて飲んだり、アロマオイルでマッサージしたりと、香りによる精神的なサポートを行うものです。つまり、『飲む』『塗る』『嗅ぐ』というのがフィトテラピーの基本なのです」

更年期をきっかけにフィトテラピーの勉強を開始

 野宮さんがフィトテラピーの勉強を始めたのは4年前。きっかけは更年期を迎えたことで、「ナチュラルで副作用のない自然療法で、体の不調を改善できるものはないか」と探す中でフィトテラピーに出会ったという。

フィトテラピーについて語る野宮真貴さん
[画像のクリックで拡大表示]

 「ヨーロッパでは古くから植物の持つ薬理効果を使って、人が本来持っている自然治癒力を高め、体の不調や気分の落ち込みの解消、病気の予防などに役立てています。パリには130年以上の歴史をもつ『グランド・エルボリストリ』などハーブ薬局が何軒かあり、手ごろな値段でハーブやサプリメントを購入できるので、みなさんも、パリを訪れた際にはぜひハーブ薬局をのぞいてみてください!」

 野宮さんはさらに、「気分を上げること」の大切さを強調した。「先月パリを訪れた際は、靴をたくさん買いました。私にとって靴は、気分を上げるもののひとつです。健康に気を使う人はたくさんいるけれど、気分を上げることを意識している人は意外と少ないですよね。でも、私は健康だけじゃイヤで、ハイヒールをはいたり赤い口紅をつけたりして気分を上げることも、人生を楽しむために大事なことだと思います。おしゃれなどして気分を高揚させ、体の細胞が喜ぶのを実感するのが一番の健康法じゃないかって…」。

 次ページでは、そんな野宮さんおすすめの、気分を上げてくれる方法を紹介しよう!

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.