日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 12歳アイドルが「テレビ番組でヘリウムガスを吸引して意識障害」の顛末
印刷

トピックス

12歳アイドルが「テレビ番組でヘリウムガスを吸引して意識障害」の顛末

小児科学会がInjury Alert(傷害速報)を掲出

 増谷彩=日経メディカル

 日本小児科学会は、テレビ番組の企画でヘリウムガス入りスプレー缶を吸引して意識障害となり、脳空気塞栓症の疑いとなった12歳女児について、事故の発生状況や治療経過をまとめた。2015年5月22日、同学会のウェブサイトに「Injury Alert(傷害速報)」として掲載した。

[画像のクリックで拡大表示]

 事故が発生したのは2015年1月28日。女児は、他の番組出演者とともに、ヘリウムガス入りのスプレー缶(ヘリウム80%、酸素20%の混合ガス。容量5000cc)またはガスが充填されていない空のスプレー缶を吸入し、1人だけ声が変わるというゲームを行っていた。1回では結果が分かりにくかったためやり直しとなった。2回目にゲームを行った際、女児は4秒ほど吸引した直後から右手を震わせ始め、約5秒後に後方へ倒れた。受け身が取れず、後頭部を強打して、全身性硬直性間代性けいれんを起こした。

 救急要請によって救急隊が接触した際には、軽度の意識障害(JCS 20)と低酸素血症(SPO2 89%)を認めたため、酸素投与を受けながらの搬送となった。意識障害(E1V2M4/JCS 200)が遷延するため、ICUに入室。入院2日目以降に意識状態は徐々に改善するものの、6日目に再度けいれんを起こした。そこで搬送時に撮影した頭部MRT像を再検したところ、皮質・皮質下優位に多発性の拡散低下があり、頭部CT像でも同部位の低吸収域が認められた。

 ここで、臨床経過から空気塞栓症の可能性があると判断。高圧酸素療法を行った結果、左半身の麻痺の改善傾向や自然開眼などの臨床所見の改善を認めたため、ヘリウムガス吸引をきっかけとした脳空気塞栓症と診断された。2015年2月5日の時点では、追加の高圧酸素療法を行っているが、高次脳機能障害を残す可能性があるとされている。

 日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会は、「テレビやソーシャルメディアなどでコメディアンやタレント、一般人が面白おかしくヘリウムガス入りスプレー缶を使用することで、それを見ている子ども達がまねをして同様な事故が起こる可能性がある」と指摘。今回を含め、ヘリウムガスの吸引による幼児や児童の事故は複数発生していることが確認されており、欧米では死亡事故が増えているとの報告があるという。そのため、「小児科医を中心とした医療者が事例を通じて一般人や企業を啓発することで社会的に周知させる、缶表面の表示を目立つようにする、あるいは成人にしか販売しない」といった対策の必要性を訴えた。

関連サイト(日本小児科学会)

Injury Alert No.53 ヘリウムガス入りスプレー缶の吸引による意識障害(PDF)

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.