日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 女性更年期を乗り切るコツ、運動やサプリも取り入れて
印刷

トピックス

女性更年期を乗り切るコツ、運動やサプリも取り入れて

ストイックに自分を追い込んでしまう人は要注意!

 梅方久仁子=ライター

 誰でも時期がくれば経験する更年期。人によって違いはあるが、女性では約9割がなんらかの不快な症状に悩むという。「病気じゃないから」と軽く見るのはちょっと待って。中には仕事が続けられなくなるほど具合が悪くなる人もいる。

 この時期、体に変調を感じたら、どうすればいいのだろうか。横浜市立大学附属市民総合医療センター・女性ヘルスケア外来専任医師で、よしかた産婦人科副院長の善方裕美さんに話を聞いた。

更年期とは、ホルモンのゆらぎの時期

写真はイメージ (c)Olena Kachmar-123RF

 更年期とは、閉経の前後5年ずつの10年間をいう。日本人女性の閉経は平均50歳くらいなので、だいたいは45歳から55歳くらいになる。

 更年期では、卵巣から分泌される女性ホルモン(卵胞ホルモン:エストロゲン)の量がだんだん減ってくる。すると、エストロゲンが減っていることを感知した脳の視床下部が脳下垂体に性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン:FSH)を出すように指令を出す。

 脳下垂体から出たFSHが卵巣に到達して、うまく卵巣が反応すればどっとエストロゲンの量が増え、うまく反応しなければ、視床下部はエストロゲンを増やそうとして、さらにFSHを出す。これが繰り返され、視床下部が焦ってがんばるうちに、同じ視床下部が関わる自律神経が影響を受け、バランスを崩してしまう。また、エストロゲン量の大きなゆらぎに、体がついていけなくなる。

 こうして全体に体の調子がおかしくなった結果現れる不快な症状が、更年期症状だ。そして、更年期症状が生活に影響が出るほどひどくなったものを、更年期障害と呼ぶ。

 症状は幅広く、現れ方は個人によって千差万別で、体全体の調子がおかしくなってくる。あらゆる不調が起こる可能性があるといってもいいだろう。

 特に閉経前のプレ更年期には、だるい、眠くなる、月経が乱れる、イライラする、気分が落ち込むといった症状から始まることが多い。更年期症状なのか、ただの疲労か、それとも他の病気なのかが、わかりにくいところが問題だ。

つらいと思ったら我慢せず受診を

 「更年期症状は、とても主観的なものなんです。普通の病気では、血液検査とか、画像診断とか、客観的なデータで判断することが多いですよね。でも、更年期障害ではそうはいきません」と善方さんは言う。

 血液中のホルモン濃度を測ることはできるが、ゆらぎの時期なので、エストロゲンの値は日によってまちまちだ。FSHが高めだと、そろそろ更年期だと言えるが、症状の重さやつらさは、単純にFSHの値で決めることはできない。

 「ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)で大汗をかいていてもあまり気にしない人がいれば、傍目にはそれほど重い症状に見えなくても、すごく深刻につらさを感じる人もいます。症状がどのくらい重いかではなく、そのために仕事や生活ができなくなってしまうか、本人がつらいと思っているかという見極めが必要です」(善方さん)

 婦人科を受診すれば、他に婦人科の病気がないかを調べた上で、月経の状態などから更年期症状かどうかを判断してくれる。必要に応じて他科の受診を勧めたりもしてもらえるので、総合的な相談先として利用するとよいだろう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.