日経グッデイ

トピックス

コンタクトレンズ、今や3人に1人がインターネットで購入

「金額が安い」が最大理由。眼科受診の頻度が低い傾向が明らかに

 鈴木 英子=ニューズフロント

 ジョンソン・エンド・ジョンソンのビジョンケア カンパニーは、コンタクトレンズユーザーの眼科受診に関する実態調査(調査期間:2015年4月3日~6日)の結果を発表した。それによると、コンタクトレンズをインターネットで購入する人の多くは、眼科受診の重要性を認識しつつも、検査を受けるより金額の安さや利便性を優先している。

インターネット経由でコンタクトレンズを購入する割合は店舗の次に多い

 使い捨てコンタクトレンズを使用している全国の12歳~59歳の男女1000人に、普段どこでコンタクトレンズを購入するか尋ねたところ、「インターネット」(34.5%)は「コンタクトレンズ専門店・量販店」(38.4%)に次いで多く、主要な購入手段の1つになっている。

 インターネットで購入する理由を聞くと、「金額が安いから」を1位に挙げる人が68.1%と最も多かった。「眼科を受診する手間が省けるから」については49.9%が2位の理由、33.3%が3位の理由として挙げた。「自分の都合のいい時に注文・受け取りができるから」は3位に挙げる人が41.7%と多い一方で、1位に挙げる人も22.3%にのぼった(図1)。

図1◎ インターネットでコンタクトレンズを購入する理由
インターネットでコンタクトレンズを購入する理由/コンタクトレンズユーザーの眼科受診に関する調査
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットで購入することに対して、「きちんと医師の診断を受けたほうが良いとは思う」という意見は81.1%(「非常にあてはまる」と「まああてはまる」の合計)を占めた。一方で、77.1%が「視力の変化や、目に異常がないので、インターネットで十分である」と答えている(図2)。

図2◎ インターネットでコンタクトレンズを購入することに対する考え
インターネットでコンタクトレンズを購入することに対する考え/コンタクトレンズユーザーの眼科受診に関する調査
[画像のクリックで拡大表示]

ネット購入者、眼科検査を受けるタイミングは「視力の変化」「目のトラブル」が最多

 実際、コンタクトレンズを購入する際に常に眼科を受診している人の割合は、インターネット購入者ではわずか3.2%にとどまり、インターネット以外で購入している人の47.6%と大きな開きがある(図3)。

図3◎ コンタクトレンズを購入する際、眼科の検査を受けているか
コンタクトレンズを購入する際、眼科の検査を受けているか/コンタクトレンズユーザーの眼科受診に関する調査
[画像のクリックで拡大表示]

 普段、眼科の検査を受ける頻度を尋ねると、コンタクトレンズ専門店や量販店で購入する人では「4~6カ月に1回」(35.4%)との回答が最も多いのに対し、インターネット購入者は「2~3年に1回以下」が半数近く(47.5%)を占めた(図4)。

図4◎ どのくらいの頻度で眼科の検査を受けているか
普段、どのくらいの頻度で眼科の検査を受けているか/コンタクトレンズユーザーの眼科受診に関する調査
[画像のクリックで拡大表示]