日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナ入院患者の死亡リスク低下に、一部の降圧薬とスタチンが関係  > 2ページ目
印刷

トピックス

新型コロナ入院患者の死亡リスク低下に、一部の降圧薬とスタチンが関係

血圧を下げるACE阻害薬、コレステロールを下げるスタチン

 大西淳子=医学ジャーナリスト

院内死亡の危険因子は高齢、心疾患やCOPD

 3月28日までに、515人(5.8%)が院内で死亡していました。入院期間中に一度でもICU(集中治療室)に入った患者では24.7%が死亡していましたが、ICUに入らなかった患者の死亡率は4%でした。

 生存退院した患者に比べ、院内死亡した患者は、年齢が高く、男性が多く、糖尿病、脂質異常症、冠動脈疾患、心不全、不整脈、COPDの患者の割合と、喫煙者の割合が高くなっていました。

 院内死亡の独立した危険因子であることが明らかになったのは、65歳超、冠動脈疾患、心不全、不整脈、COPD、喫煙でした(表1)。COPDの患者の院内死亡リスクは、COPDがない患者の約3倍で、冠動脈疾患がある患者では、冠動脈疾患がない患者の約2.7倍になっていました。一方で、性別が女性であることは、院内死亡リスクの低下と関係していました(女性の院内死亡リスクは男性の約0.8倍)。

表1 院内死亡の予測因子
予測因子リスクの変化
年齢が65歳超93%↑
性別が女性21%↓
冠動脈疾患170%↑
うっ血性心不全148%↑
不整脈95%↑
慢性閉塞性肺疾患(COPD)196%↑
喫煙者79%↑
アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬を使用67%↓
アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を使用有意差なし
スタチンを使用65%↓

ACE阻害薬とスタチンの服用患者は死亡リスクが低かった

 入院時に服用していた処方薬(抗血小板薬、インスリンその他の糖尿病治療薬、β遮断薬、スタチン、アンジオテンシン受容体拮抗薬〔ARB〕、ACE阻害薬)と院内死亡の関係を検討したところ、ACE阻害薬とスタチンの使用が死亡リスクの低下と関係していました(ACE阻害薬とスタチンの主な薬剤名は表2参照)。これら以外の薬剤の使用と院内死亡との間に有意な関係は見られませんでした。

 続いて、もともと高血圧のあった患者に限定して、ACE阻害薬の服用と、院内死亡リスク低下の関係を調べたところ、ACE阻害薬を服用していた高血圧患者の院内死亡リスクは、非服用者に比べ73%低くなっていました。同様に、脂質異常症患者に限定してスタチンの院内死亡への影響を調べたところ、スタチン服用者の院内死亡リスクは、非服用者に比べ49%低くなっていました。

 先に、降圧薬であるACE阻害薬とARBが、新型コロナウイルスの感染リスクを上昇させるのではないか、またはCOVID-19の経過や結果に有害な影響を及ぼす可能性があるのではないかとする報告がありましたが(*1)、今回の研究では、ACE阻害薬とARBは、院内死亡のリスク上昇には関係しないこと、ACE阻害薬は逆にリスク低下に関係することが示されました。心血管疾患などのある患者は院内死亡リスクが高くなっていましたが、同時に、心血管疾患を引き起こす、高血圧や脂質異常症と診断されている患者が、処方されるACE阻害薬やスタチンをきちんと服用しておくことの重要性も示唆されました。

表2 ACE阻害薬、スタチンに分類される主な薬
アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
一般名商品名
エナラプリルレニベース ほか
イミダプリルタナトリル ほか
カプトプリルカプトリル ほか
ペリンドプリルエルブミンコバシル ほか
テモカプリルエースコール ほか
アラセプリルセタプリル ほか
リシノプリルゼストリル、ロンゲス ほか
シラザプリルインヒベース ほか
デラプリルアデカット
キナプリルコナン
トランドラプリルオドリック ほか
ベナゼプリルチバセン ほか
HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)
一般名商品名
ロスバスタチンクレストール ほか
アトルバスタチンリピトール ほか
ピタバスタチンリバロ ほか
プラバスタチンメバロチン ほか
シンバスタチンリポバス ほか
フルバスタチンローコール ほか

 論文は、2020年5月1日付のNew England Journal of Medicine誌電子版に掲載されています(*2)。

新型コロナウイルス関連記事はこちら

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナ
血圧
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.