日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「失敗に負けない」メンタルはこうして鍛える
印刷

トピックス

「失敗に負けない」メンタルはこうして鍛える

格闘技界のチャンピオンメーカー・古家政吉さんに聞く【後編】

 茂田浩司=ライター

格闘技界の“チャンピオンメーカー”として知られる古家政吉さんに、ビジネスパーソンに役立つ「メンタルの鍛え方」を聞くインタビュー。本番に強いメンタルを作る方法を聞いた前編「『本番になると弱い人』に欠けているものとは?」に引き続き、後編では、失敗してしまったときのメンタルの立て直し方について聞いていこう。

ケース2
「大事な商談をまとめられず、失敗してしまった。一度落ち込むとなかなか立ち直れないのだが、どうしたら切り替えることができるのだろうか?」

ショックの大きさに配慮して言葉を濁してはダメ

古家 この「切り替える」という言葉は、スポーツ選手が試合で負けてしまったときによく使いますね。「切り替えて、次の試合に備えたい」と。しかし、実際に敗戦で強いショックを受けた選手が「気持ちを切り替えること」はなかなか難しいものです。

「切り替えます」と言葉にすることで、気持ちを切り替えようとしていることもあるでしょうね。

古家 それはあると思います。前向きな言葉を口にすることは、自分にも、周囲にも良い効果があるんですよ。

 まず、私が普段、試合で負けた格闘家とどう接しているかについてお話ししましょう。格闘技会場のバックステージでよく見られるのは、試合を終えて、敗北のショックにうなだれている選手を中心に、少し離れてトレーナーや同僚の選手たちが輪を作っている光景です。負けた選手には、誰も声を掛けられない空気なんですよ。

そっとしておくんですね。

古家 しかし、それではダメだと思います。私は、負けた時ほど選手のそばにいて、声を掛けます。むしろ、勝った場合は離れていますね。放っておいても「よくやった」「おめでとう」とみんなが寄ってきますから。

 前編でもお話しましたが、格闘家の「1敗」は非常に大きい意味を持っています。私が指導している選手はK-1を主戦場にしていますが、タイトルマッチで負けてベルトを失ったり、トーナメントに出場して負けてしまったら、経済的にも打撃を受けます。勝者は「K-1チャンピオン」の栄誉を手にして、次も華やかなK-1のリングで試合することが約束されます。しかし、ベルトを失った者やトーナメントで優勝できなかった者は、次にいつ、K-1で試合ができるかは分かりません。

名誉を失い、これからの生活の不安もある。それはショックが大きいですね。

古家 ですから、負けた直後の選手はみんな呆然としています。相手のパンチをたくさん受けているケースも多く、試合内容をよく覚えていないことも多いです。だから、必ず「試合はどうだった?」と周囲に確かめるのですが、周囲の人は選手のショックの大きさに配慮して、たいていは「良かったよ」とか「頑張ったよ」と言葉を濁してしまう(苦笑)。

 選手からすれば、良かったならなぜ自分は負けたんだ、と思いますし、私が選手なら「そばで見ていて、なぜ何も言ってくれないのか?」とトレーナーに不信感を持つでしょう。

 私は、必ずその場で「敗因」を言います。「攻めに出るタイミングが遅かったね」とか「終盤に失速したね」と。

トレーニング後に。 左から卜部功也選手(初代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)、古家トレーナー、 卜部弘嵩選手(第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)。兄・弘嵩、弟・功也の「卜部兄弟」は人気と実力でK-1を牽引している。(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.