日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > “いい腸活”に欠かせない「水溶性食物繊維」の知られざる事実
印刷

トピックス

“いい腸活”に欠かせない「水溶性食物繊維」の知られざる事実

腸内環境とメタボは密接な関係がある~大妻女子大学 青江誠一郎教授に聞く(前編)

 二村高史=フリーライター

 ここ数年、健康関連の話題で注目されているのが「腸」。書店の健康本のコーナーでは腸の大切さを書いた本が並び、健康雑誌やテレビの健康番組では“腸活”が流行のキーワードになっている。「腸は第二の脳」「いや脳よりも偉い」とさえ言われているが、なぜそれほどまでに腸は大切な存在なのか、そして腸を健康に保つにはどうすればよいのか、大麦研究の第一人者で“食物繊維のスペシャリスト”でもある大妻女子大学家政学部教授 青江誠一郎さんに話を聞いた。
 青江教授によると、現代人は「水溶性食物繊維」が不足しており、それがメタボなどにも影響していると話す。それを防ぐには、お米に大麦を混ぜたご飯を1日1回摂るだけでメタボ解消などの効果が期待できるという。

なぜ腸が大切か、話題の「腸内フローラ」とは?

大妻女子大学家政学部食物学科教授の青江誠一郎(あおえ・せいいちろう)さん。“食物繊維のスペシャリスト”で大麦研究の第一人者

 最近の“腸活”ブームはとどまることを知らない。しかし、はたして本当に腸はそれほど大切なものなのか。「もしかしたら“作られたブーム”では?」と疑問に感じている人もいるかもしれない。そんな疑問を、さっそく青江教授にぶつけてみた。

 「腸内環境の重要性は、近年の研究によって明らかになってきました。かつては、腸内細菌は培養して顕微鏡を使わなくては見ることができず、どのくらいの数がいるのかもわかりませんでした。しかし、遺伝子工学が発展し、腸内細菌の遺伝子を分析してみると、なんと1人の人間の小腸と大腸に約500~1000種類、500兆~1000兆個もの腸内細菌が生息していることがわかったのです。しかも、どんな細菌がどのように生息しているかによって、生活習慣病をはじめとする病気とも深い関係があるとわかってきました」と青江教授は説明する。

 腸が話題になってきたのには、明らかな理由があるようだ。そもそも、1人の人間の全細胞の数が40兆個とも60兆個とも言われているのだから、500兆~1000兆個というのは驚異的な数字である。そして、その1000兆個の重さをすべて合わせると、約1.5キログラムにもなるという。

 そして、“腸活”の話題で必ず出てくるのが「腸内フローラ」という単語。これはどういう意味なのだろうか。

 「フローラとはお花畑のことです。腸の内側にさまざまな腸内細菌がすきまなくビッシリと生息している様子を、お花畑に例えたものです。腸内細菌のなかには、有益な働きをする菌(善玉菌)もあれば、体に有害な働きをする菌(悪玉菌)もあります。善玉菌の代表的なものには、乳酸菌やビフィズス菌があり、同じ乳酸菌にもさまざまな種類があることが知られています。悪玉菌の代表は大腸菌やウェルシュ菌で、有害物質を作り出します。さらに、環境によって働きが変化する菌(日和見菌)もあります」

 「重要なのは、腸内でどのようなバランスで菌が存在しているかです。悪玉菌が優勢になれば善玉菌が減ってしまい、腸内環境は悪くなってしまいます。ただし、最近の研究では、現在の分類法で善玉菌の分類に属していてもそれほど効果がないものや、逆に悪玉菌の中でも多面性があり、一概に有害とは言えない菌がいることもわかってきました。『大切なのは、さまざまな菌が生息できる多様性です』」と青江教授は話す。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.