日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 「食事摂取基準」最新版から見えた「日本人の栄養摂取の課題」

トピックス

「食事摂取基準」最新版から見えた「日本人の栄養摂取の課題」

「筋肉量・骨量を保つ食事」を重視、たんぱく質・ビタミンDを増やす

 日経ヘルス

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」が5年ぶりに改定された。過去5年間の日本人の健康と栄養に関する科学的研究成果が反映された今回(「日本人の食事摂取基準(2020 年版)」の改定。どのように家族の健康づくりに生かすか、改定の背景を専門家に聞いた。 今回のポイントは、「筋肉量・骨量を保つ食事」を重視したことだ。

「日本人の食事摂取基準(2020 年版)」では高齢者のフレイル予防が改定のポイントとなった。(写真はイメージ=(c)Shao-Chun Wang-123RF9

 「日本人の食事摂取基準(2020 年版)」での改定の主なポイントについて、厚生労働省などが発表し、広く報道されたのは「高齢者のフレイル予防」についてだ。フレイルというのは、いわば健康な状態から要介護になる中間段階。その背景にある食事の問題を改善するため、総エネルギー量に占めるたんぱく質由来エネルギー量の割合の下限を65歳以上では13%から15%に引き上げた。

写真はイメージ=(c)dolgachov-123RF

 しかし、同時に注目したいのは、男女全世代の1日当たりのたんぱく質維持必要量を増やすように変更された点。2017年の国民健康・栄養調査では、女性は20~50歳代で「やせ」の人(BMIが18.5未満)が10%を超えていた。20歳代では21.7%だ。背景にあるのは不必要なダイエット。

 調査に当たった国立健康・栄養研究所の瀧本秀美さんは「やせた女性をやせたおばあさんに移行させないことが大切」だという。改定からは「女性は、これまで以上にしっかりたんぱく質をとってほしい」と読み取れる。

1/2 page

最後へ

次へ

筋肉
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.