日経グッデイ

トピックス

梅雨から注意!身近なカビが引き起こす怖い感染症、その対策

最新の研究成果から導く“梅雨カビ”対策のポイント

 伊藤和弘=フリーライター

いよいよカビに悩まされる梅雨が到来!カビはただ見た目が気持ち悪いだけでなく、人体に及ぼす悪影響も見逃せない。この機会にカビによる感染症について予習しておこう。

 カビはいたる所にいる。千葉大学真菌医学研究センターの亀井克彦教授によると、「通常の生活をしていても、人は1日に1万個以上のカビを吸いこんでいる」という。だからといってすぐに病気になるわけではないが、免疫力が落ちていると感染症やアレルギーを起こすこともある。

想像以上に多いカビによる感染症

 同じ微生物でも、カビは核膜を持たない原核生物の細菌よりも高等で、人間と同じ真核生物に分類される。細胞の構造が似ているので、細菌に比べて薬が効きにくい。そのため、いったん感染すると治療が難しく、死に至ることも少なくない。「実際、日本の病院で亡くなる人の20人に1人は内臓に重篤な真菌症、つまりカビの感染症が確認されている」と亀井教授は指摘する。

トリコスポロン
これがトリコスポロン。酵母カビの一種。高温多湿な環境を好み、腐った木などを栄養源にして発育する。胞子が10ミクロン以下と小さいため、肺胞の中に吸い込まれやすい。
[画像のクリックで拡大表示]

 特に梅雨の時期に起こしやすいのは「夏型過敏性肺臓炎」。これはトリコスポロンというカビを吸いこむことで起こるアレルギー性肺炎で、日本では年間約500人が発症している。咳、だるさ、微熱が続き、やがて肺の細胞が壊れて息苦しさを感じるようになる。アレルギーの原因はカビなので、治療はカビのいない環境に引っ越すことが基本。「引っ越しが無理なときは、できるだけカビを除去して様子を見る。ステロイド薬や免疫抑制薬なども使うが、肺の壊れた部分は二度と元に戻らない」と亀井教授。

 カビの感染症で世界的に患者数が多いのは「慢性肺アスペルギルス症」だ。これはアスペルギルスというカビが肺にすみついて肺の細胞を壊し、 空洞を作る病気で、やはり進行すると命にかかわる。健康な人が感染することもあるが、特に高齢者、肺が弱い人、喫煙者、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者などはかかりやすい。症状はたんをともなう咳、血たん、喀血など。治療には抗真菌薬(カビに対する抗生物質のような薬)を使うほか、感染した部分を切り取る手術も行われる。

アスペルギルス
アスペルギルス。どこにでもいるカビだが、免疫力の落ちた人や肺に病気のある人は感染することもある。押し入れ、ベッドの下、エアコンの中など、通気性の悪い場所を好む。
[画像のクリックで拡大表示]
アスぺルキルスに侵された肺
アスペルギルスに侵された肺のレントゲン写真。白くなっているのが破壊された部分で、二度と元には戻らない。
[画像のクリックで拡大表示]

 「これらはどこにでもいる身近なカビ」と亀井教授は話す。「ほかにもクリプトコッカス症、カンジダ症、水虫など、カビの感染で起こる病気は想像以上に多い。カビは30万種以上いて、新しいカビによる病気が次々と見つかっている」

カビ掃除の穴場ポイントはどこ?

 ではカビによる感染症を防ぐには、どんなことを心がければいいのだろう?  「まず、禁煙。タバコは肺の老化を進め、免疫力を落としてしまう。できるだけカビを吸わないためには家の掃除が基本。カビが発生しないように、衛生的な環境を保ってほしい。血たん、発熱、しつこい咳など気になる症状が出たら、早めに呼吸器内科やアレルギー科を受診するように」と亀井教授はアドバイスする。

 テレビなどで「カビ博士」として活躍する衛生微生物研究センターの李憲俊所長によると、家の中でカビが繁殖するのは、主に「水が溜まる場所」「通気性が悪くて湿気がこもる場所」「結露ができる場所」の三つ。その条件をすべてそろえている「浴室」は、家の中で最もカビが発生しやすい場所といえる。中でも見落としがちなのが結露のできる天井だろう。

 「壁や床に発生したカビは目に付きやすいし、胞子が空中に飛ぶこともない。一方、天井のカビは目に付きにくい上、胞子をまき散らすのが問題」と李所長は話す。

 せっかく苦労して壁や床に生えたカビをこすり落としても、天井のカビを放っておけば、やがて胞子が落ちて再びカビが増殖してしまう。カビ退治のポイントは天井にあったわけだ。

 天井の掃除は大変だが、例えば柄の長いモップを使う方法がある。また、銀イオンを使った「くん煙剤」なども市販されている。これらを使えば、意外と手間もかからない。

 「カビは高温が苦手で、気温が30℃を超えると生えにくくなる」と李所長。気温が手頃でジメジメした梅雨の時期は、一年中でもっともカビが発生しやすい季節だ。見た目の問題だけではなく、感染症やアレルギーを防ぐためにも、浴室や台所を清潔に保つことを心がけてほしい。


(写真提供:千葉大学真菌医学研究センター 亀井克彦教授)

亀井克彦さん
千葉大学真菌医学研究センター 教授
亀井克彦さん 1981年、千葉大学医学部卒業。米国スタンフォード大学客員研究員、東芝病院呼吸器内科医師などを経て、95年に千葉大学真菌医学研究センター助教授に就任。2003年より現職。著書に『目で見る真菌と真菌症』(医薬ジャーナル社)など。
李 憲俊さん
衛生微生物研究センター 所長
李 憲俊さん 1977年、韓国・慶北大学農学部卒業。忠南大学農学部助教授を経て来日し、91年に食品薬品安全センター秦野研究所に入所。96年より現職。著書に『カビの科学』(日刊工業新聞社)。『ためしてガッテン』(NHK)など、多くのテレビ番組に出演。