日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 梅雨から注意!身近なカビが引き起こす怖い感染症、その対策  > 2ページ
印刷

トピックス

梅雨から注意!身近なカビが引き起こす怖い感染症、その対策

最新の研究成果から導く“梅雨カビ”対策のポイント

 伊藤和弘=フリーライター

カビ掃除の穴場ポイントはどこ?

 ではカビによる感染症を防ぐには、どんなことを心がければいいのだろう?  「まず、禁煙。タバコは肺の老化を進め、免疫力を落としてしまう。できるだけカビを吸わないためには家の掃除が基本。カビが発生しないように、衛生的な環境を保ってほしい。血たん、発熱、しつこい咳など気になる症状が出たら、早めに呼吸器内科やアレルギー科を受診するように」と亀井教授はアドバイスする。

 テレビなどで「カビ博士」として活躍する衛生微生物研究センターの李憲俊所長によると、家の中でカビが繁殖するのは、主に「水が溜まる場所」「通気性が悪くて湿気がこもる場所」「結露ができる場所」の三つ。その条件をすべてそろえている「浴室」は、家の中で最もカビが発生しやすい場所といえる。中でも見落としがちなのが結露のできる天井だろう。

 「壁や床に発生したカビは目に付きやすいし、胞子が空中に飛ぶこともない。一方、天井のカビは目に付きにくい上、胞子をまき散らすのが問題」と李所長は話す。

 せっかく苦労して壁や床に生えたカビをこすり落としても、天井のカビを放っておけば、やがて胞子が落ちて再びカビが増殖してしまう。カビ退治のポイントは天井にあったわけだ。

 天井の掃除は大変だが、例えば柄の長いモップを使う方法がある。また、銀イオンを使った「くん煙剤」なども市販されている。これらを使えば、意外と手間もかからない。

 「カビは高温が苦手で、気温が30℃を超えると生えにくくなる」と李所長。気温が手頃でジメジメした梅雨の時期は、一年中でもっともカビが発生しやすい季節だ。見た目の問題だけではなく、感染症やアレルギーを防ぐためにも、浴室や台所を清潔に保つことを心がけてほしい。


(写真提供:千葉大学真菌医学研究センター 亀井克彦教授)

亀井克彦さん
千葉大学真菌医学研究センター 教授
亀井克彦さん 1981年、千葉大学医学部卒業。米国スタンフォード大学客員研究員、東芝病院呼吸器内科医師などを経て、95年に千葉大学真菌医学研究センター助教授に就任。2003年より現職。著書に『目で見る真菌と真菌症』(医薬ジャーナル社)など。
李 憲俊さん
衛生微生物研究センター 所長
李 憲俊さん 1977年、韓国・慶北大学農学部卒業。忠南大学農学部助教授を経て来日し、91年に食品薬品安全センター秦野研究所に入所。96年より現職。著書に『カビの科学』(日刊工業新聞社)。『ためしてガッテン』(NHK)など、多くのテレビ番組に出演。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.