日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 週末の寝坊で病気リスクが増える? 「社会的時差ボケ」の防ぎ方  > 2ページ
印刷

トピックス

週末の寝坊で病気リスクが増える? 「社会的時差ボケ」の防ぎ方

社会に強制される時間と体内時計のズレが原因

 伊藤和弘=ライター

 生体リズムを作り出す体内時計の基本となるのは時計遺伝子群だ。私たちの体の細胞の一つひとつに時計遺伝子が組み込まれており、普段の生活では親時計の支配下で、多数の子時計が日々の時刻調整をしながら体温、ホルモン分泌などいろいろな生体リズムを維持している。「内的脱同調」とは、親時計と多数の子時計の相互の時間関係(タイミング)がばらばらになることを意味する。体内で時刻のズレが生じることから時差ボケの原因となるのだ。

若い世代ほど時差ボケが大きくなりがち

 具体的に時差ボケを計算するには、就寝から起床の中間の時刻である「睡眠中央値」を見る。例えば平日は0時に寝て6時に起きていれば、睡眠中央値は3時。休日は2時に寝て10時に起きていれば、睡眠中央値は6時。平日と休日では睡眠中央値が3時間ずれている。このとき、社会的ジェットラグが3時間ということになる。

平日の睡眠中央値と休日の睡眠中央値の差を「社会的ジェットラグ」と呼ぶ。厳密には睡眠負債を調整して計算する。
[画像のクリックで拡大表示]

 「これまでの調査から、先進国では社会的ジェットラグが1時間以上の人が約70%、2時間以上の人が約30%いるといわれています」(三島さん)

 2時間ということは、週末ごとに時差が2時間ある東南アジアに出かけているようなものだ。

 社会的ジェットラグは幅広い世代で起こるが、特に若い世代ほど大きくなることが分かっている(*1)。「一般に20歳前後が最も夜型の体質になることに加え、若者はより多くの睡眠時間を必要とするため」と三島さん。年を取ると必要睡眠時間が短くなるほか、自然に朝型になるので早起きが苦にならないし、特にリタイヤ世代では出勤などの社会時刻の縛りから解放されて必要な睡眠時間も減るので時差ボケが小さくなるという。

肥満やメタボのリスクを高める

 さて、社会的時差ボケは何が問題なのだろう? 週末ごとに海外に出かけているような状態は確かに肉体的に負担かもしれないが、つらいのは月曜日の朝くらい。睡眠不足をためていくより、週末ごとに解消しているほうが健康的な気もする。

 「確かに2~3カ月ならいいでしょう。でも、その生活が10年20年と続くことで疾病のリスクが高くなっていく。社会的ジェットラグの一番の問題は、長く続けられてしまうことなんです」(三島さん)

 時差ボケによって、インスリン抵抗性(インスリンに対する感受性が低下し、インスリンの作用が十分に発揮できない状態)が生じたり、LDLコレステロールの数値が上がったりしやすくなるといわれる。実際、約1000人を対象にした調査から、時差ボケが大きい人ほど肥満者の割合やメタボリックシンドロームの罹患率が高いことも確認されている(*2)。メンタルヘルスにも影響しており、ある研究では時差ボケが大きいほど抑うつ傾向が強かった(*3)。

たっぷり眠っているという人でさえ…

 人間は置かれた環境に慣れていく。寒い地方で暮らしていると徐々に寒さに慣れていくように、睡眠不足も長く続くと感じにくくなっていくという。

 三島さんは興味深い実験を行った。「毎日たっぷり寝ている」と思っている若者(平均23.4歳)16人に、9日間にわたって暗室で毎日12時間横になってもらい、理想の睡眠時間を調べたのだ。

*1 Curr Biol. 2012 May 22;22(10):939-43.
*2 Int Obes(Lond). 2015 May;39(5):842-8.
*3 Chronobiol Int. 2011 Nov;28(9):771-8.

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.