日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 健常者でのコレステロール摂取制限は不要
印刷

トピックス

健常者でのコレステロール摂取制限は不要

「ただし高LDLコレステロール血症患者は引き続き食事内容に注意を」

 増谷 彩=日経メディカル

 日本動脈硬化学会はこのほど、コレステロール摂取量の制限を推奨しないとする各種ガイドラインや報告書に基本的に賛同する声明を発表した。ただし、この推奨はあくまで健常者に向けたものであり、高LDLコレステロール血症患者には当てはまらないことについて改めて注意を呼び掛けた。声明は、日本動脈硬化学会のウェブサイトに掲出された(こちら)。

 米国では、米国心臓協会(AHA)と米国心臓病学会(ACC)が2013年に「心血管疾患リスク低減のための生活習慣マネジメントのガイドライン」で「コレステロール摂取量を減らすことによって血中コレステロール値が低下するという証拠が数字として出せないことから、コレステロールの摂取制限を設けない」との見解を示した。また、2015年2月には米国農務省USDAが米国民栄養ガイドラインの諮問委員会の報告書を発表。この中でもコレステロール摂取制限を撤廃するという新たな記述が追加された。日本でも、厚生労働省が5年ぶりに改訂し、2015年5月に発表される「日本人の食事摂取基準(2015年版)」内で、「コレステロールの摂取量は低めに抑えることが好ましいものと考えられるものの、目標量を算定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため、目標量の算定は控えた」と記載する。

「摂取量の制限のみで血中LDLコレステロールを低下させることは困難」

 今回の声明はこうした流れを受け、コレステロール摂取量についての学会の見解を改めて表明したもの。健常者においては、食事中のコレステロール摂取量と血中のコレステロール値の相関には十分なエビデンスが認められていないため、コレステロール摂取量の制限を撤廃することについて容認した。

 そのため一般向けメディアなどが「コレステロール摂取量の制限撤廃へ」と大々的に報道。ただし、学会は「誤解を招く部分があった」と指摘しており、高LDLコレステロール血症患者には当てはまらないことに注意を促している。

 まずは「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」で提唱するとおり、「動脈硬化性疾患へのリスクを正確に評価し、それに沿ってリスクを減らすような生活習慣を改善する包括的管理が大切」と強調。血中のLDLコレステロール値を低下させるには、運動や食事、生活習慣などの包括的な改善が重要であり、「コレステロール摂取量だけを制限しても改善はほとんど期待できない」とした。

 日経メディカルの取材に対し、日本動脈硬化学会理事長の佐藤靖史氏(東北大学加齢医学研究所教授)は「高LDLコレステロール血症の患者の場合、食事からのコレステロール摂取量に注意する必要がある。ただし、それだけで血中LDLコレステロールを低下させることは困難。血中LDLコレステロールを低下させるためには、コレステロールの摂取を制限するとともに、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸の摂取を制限し、食物繊維を増やすなど食事全体のバランスを整えることが大切。その上で、それぞれの患者さんの血中LDLコレステロールがどれくらい低下するかを確認する」とコメントした。

 患者から食事の内容について尋ねられた場合は、「まずは伝統的な日本食を中心に、コレステロール、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸が一般の平均摂取量を下回る食事を実践し、医師や管理栄養士にその効果を評価してもらうよう説明してほしい」と強調した。

この記事は、日経メディカルからの転載です。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.